キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

今日は散歩……2006/10/22(日)

今日は遠出は止めることに。天気予報は曇り、雨は降らないらしいが朝起きたらやはりどんよりした空だ。紅葉情報では赤城山が見頃とあったので赤城から群馬を西へ行くこうかと思っていたのだが紅葉はやはり青空でないと映えないので止めた。でも9時過ぎに空を見ると雲のあい間に青空が、ちょっと散歩でもとR65を出してみた。

「あっ」失敗。トリクル充電器のスイッチを入れ忘れていたらしい。今年はR65の出番が少ない。腰痛でメインスタンドを立てなければならないBMWはあまり乗っていない。BMWの旧車は直ぐにバッテリーが上がってしまう。バッテリーの寿命も確実に2年でダメになる。
ということでトリクル充電器を付けていたのだが。確か2週間前にちょっと乗っていたので期待してセルを回してみる。「おっ」一発でかかったではないか。

どこへ行こうか。里山の紅葉はどうかなと飯能から名栗へ、やはり紅葉にはまだ早かったが少し色付きも見られ、秋の気配は感じられた。但し山の空は怪しそうな雲に覆われいた。そのまま国道299号へ抜けて正丸から帰ってきた。

R65に乗っているとBuellにない気持ち良さがある。80Km/hくらいで流すのが一番いい。やはり26年も乗っていれば波長があってしまうのだろうな。昨年はいろいろだだをこねたが今年は元気でノントラブル。(といっても乗っていないのだが)まだまだ頑張ってくれそうだ。
本日のお散歩は130Kmでした。

正丸トンネル

スポンサーサイト

テーマ:バイクで散歩 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/10/22(日) 18:37:08|
  2. Motorcycie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツーリング日和2006/10/15(日)

半月山から男体山を望む 金精道路から男体山を望む

10月15日本日は快晴。ツーリングの第一条件は晴れであること、青空だけで気分が良い。
先週の続きではないが西に移動していろは坂から金精峠、照葉峡を走って来た。今日はソロではない、DUCATI ST4のコチョリンが一緒である。走行距離は426Km。
ネットの紅葉情報では青葉、色つき初めであったが結構見頃になっていた。中禅寺湖湖畔は今が見頃だと思う。残念だったのは男体山、先週の台風並の低気圧の強風の為か、葉が紅葉前に飛ばされてしまったようだ。
片品から照葉峡に回ったが手前の峠はまさに見頃、紅葉というより黄葉がぴったり、もう少し赤い色が混じっていたら最高なのだが。照葉峡は色つき初め、次の土日がきっと見頃でしょう。
ちょっときれいでしょう

バイクで照葉峡に行こうと思っている方は片品から行くのがお勧めです。水上から来る車が多いのと水上から入ると山側を走ることになるので折角の渓谷が見られません。

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/10/15(日) 21:28:14|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャメラのカメラ2006/10/14(土)

キャメラとカメラCanon PowerShot G3


カメラを構えているのがキャメラ、カメラはCanon PowerShot G3。
もう4年使っている。買った当時は『クラス最高レベルの高画質&多機能…」のうたい文句。確かに機能はそこそこに充実している。4Mピクセル、光学4倍ズーム、12種類の撮影モードで撮った画質もコンパクトカメラとして充分である。
以前はミノルタの一眼レフを20年くらい使っていた。レンズも数本揃えて有ったが本体の部品がなくなり修理が出来なくなったため断念。PCも買ったのでデジタルにすることに。だが当時はデジタル一眼レフはまだ高価だったし、ミノルタがデジタル一眼レフをだしていなかったので機能の充実しているG3に決定。

趣味は写真というよりバイクなのであるが、カメラがあるとバイクを止めて景色を眺めることができる。と言うのは以前はバイクで家を出て、ノンストップで数百キロを走ってしまうこともあたり前だった。それがカメラをあるとハッと思う景色でバイクを止めることができる。更にそれをPCのスクリーンセイバーにアルバムを貼付けてある。見ていて飽きない。ツーリングの情景が蘇ってくる。

バイクに携帯するにもこのくらいが限度だ、一眼レフでは大きすぎるし重い。G3くらいであればウエストバックに入れられる。なかなか重宝している。
デジタルで良いのははやりフィルムの枚数を気にすること無くシャッターを押せることである。それとその場で確認できること、自分で編集してプリントできること。それにこのように画像をデータとしていろいろつかえること。あとG3で気に入っているのが「バリアングル液晶モニター」である。これは優れものである。いままでにないアングルで撮ることができる。

この頃かなりの頻度でデジカメのコマーシャルを目にする。一眼レフも手の届く価格になってきた。欲しいけど使う機会が少ないであろうからもったいないので我慢。
もう少し画素数が大きいコンパクトにしようかとCanon PowerShopを見たらG7になっていた。なんと10Mピクセル。デジタル技術の進歩は凄まじいものがある。でもあの「バリアングル液晶モニター」ではなくなっているし「RAW」形式で記録できなくなっている。G3も捨てがたい。もう少し使うとするか。

テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

  1. 2006/10/14(土) 18:31:33|
  2. Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャメラのバイク2006/10/12(木)

BMW R65 Buell M2
キャメラ(私)のバイクです。
1980年のBMW-R65と2001年のBuell-M2、2台ともお気に入り。
個人的にバイクは”Simple is best”、性能より”味”である。
エンジンは見えた方がよい。カウリングは要らない。
風を切って走るのが気持ち良い。(時にあった方が良いと切に思うこともあるが)
R65はもちろん超10万Km、長く乗っていることもあって、やはり落ち着く、
気持ちよ良く走れるって感じか。
M2も5万Kmを越えた。こいつは面白い、乗っていてなぜか笑ってしまう。
どちらも乗り易くはないが捨てがたい”味”がある。
”違いが分かる男”が乗るバイクである。(ちょっと古かったかな)




テーマ:愛車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/10/12(木) 22:37:41|
  2. coffee breake
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

紅葉はまだ早かった2006/10/8(日)

10月8日、天気予報は晴れ。 東北道を北へ、西那須野塩原で降り、日塩もみじラインから霧降高原道路、日光から渡良瀬渓谷まわりで関越道で戻る。走行距離420Km。 高速を降りたあたりで雨が降ってきたというより舞っていた。濡れるほどではないが風が強い、台風並みの低気圧の影響がまだ残っているようだ。空には青空が見えているのにおかしな天気だ。 もみじラインはきれいなグリーン、よく見るとグリーンの正体は確かに”もみじ”だ、もみじラインに偽りなし。もみじは”紅葉”と書くらしいがまだ相応しくない。霧降高原は風が強すぎて霧が飛んでしまったらしい。 それにしても濡れた路面に強い横風と楽しみにしていたコースなのに残念! 紅葉にはちょっと早すぎたようだ。
IMG_1643s.jpg IMG_1648s.jpg
  1. 2006/10/08(日) 21:33:47|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0