キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

名栗、奥多摩は今が見頃2006/11/25(土)

PCで紅葉情報をみていたら名栗が見頃とのこと。そんなに遠くないので久しぶりにR65(BMW)で行くことに。(確か一ヶ月前にもR65で行った)
朝は冷えきっていた。セルモーターのスイッチを押す、キュル、キュル、キュル、トルクル充電しているのでセルは回るのだが回り方が重い、繰り返すがエンジンはかかる気配なし。この寒さでオイルが固くなっているのだろう、それに一月ぶりだからオイルも完全に下がっている。少し日向にだして暖めてやると何とかなるかのだが、時間がもったいない。今日は晴天、R65をしまってM2(Buell)だす。M2も空しくセルが空回り、なかなかエンジンに火が入らない。普通なら一発でかかるのに、R65が駄々をこねるもの無理はない。冷えているのだ。ハーレーのバッテーリーは強い、セルは元気に回る。どこまでもつのだろうと心配始めた時にドロッ、ドロッとエンジンが動きM2が身震いし始めた。心強いというか半端ではない振動である。何とか8時半過ぎに出発。
名栗湖畔 名栗湖 有間ダムから 紅葉/黄葉
名栗路の紅葉は名栗川に沿って見頃、ただ道路が川から離れているのでバイクを止めて写真を撮ることが出来ない。名栗路はよく走るが止まったことはない、紅葉情報に名栗湖とあったので初めて寄って見た。広くないので圧倒感はなかったが木々はきれいに紅葉していた。M2だったのでついでに成木経由で奥多摩に行くことにした。
奥多摩湖駐車場にて 奥多摩湖周遊道路から 奥多摩湖畔
奥多摩は今が見頃、湖の周囲は最高の紅葉、ただ湖の周囲を走る道路は狭く、絶景ポイントもバイクを止めることが出来ず残念。
何カ所かバイクをとめて写真を撮ったが、止まり止まり走っていると兎に角時間が経つのが早い。
帰路の途中にお決まりのモトギャルソンに寄ってコヒーを御馳走になる。時刻は四時半、すでに暗くなり初めてきた。暗くなると怖いので直ぐ退散。本日の走行距離198Km。
寒いし日も短くなった、そろそろバイクの季節も終わりかな。



スポンサーサイト

テーマ:紅葉 2006 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/25(土) 20:53:03|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ホームページを更新しました2006/11/19(日)

今日は遅く起きた。天気予報で雨が決定的だったのでバイクは諦め、昨晩遅くまで前週のビックツーリングをHPにアップしていた。我バイククラブ「3G’s」のホームページである。(3G’sの詳しくはリンクして見てください)
3G’sのHPは2004年の年末からスタートした。当初は3G’sの創設者であり永久名誉会長であるマックスのHP(http://www.geocities.jp/km_vmax/index.html)に間借りして、かつ名誉会長に運用もお願いしてたが、いつまでもご厄介になっている訳にもいかず、ちょっとしたきっかけで私が引き受けることにした。
そのきっかけは座骨神経痛、今年の前半はひどくてバイクに乗るどころか動くことも出来ず、休みは暇を持て余していた。動かなければ痛くないのでインターネットで何か面白そうなことはないかと探していらHP作りになった。
iBook私のPCはiBookである。”Kimoto's Home”(http://www.machida-jp.com/kimoto/fetch/index.html)を見たのがきっかけでHPを始めた。(感謝!!)
サーバーはプロバイダ(JCOM)のHPサービスで100MBまでなら無料で使える。エディタはmi(http://mimikaki.net/)、FTPはFetchを入手(http://fetch.jp/)。ほとんどお金はかからない、Kimotoさんの薦めに「簡単な解説書を1冊」とあったので「憧れのマイホームページを建てる。」(翔詠社・三井貴美子著)を1680円で購入したくらいか。
このときMac対応の解説書が少ないことに痛感した。これもMac用ではなく、主体はWindowsでMacにも対応しているだけである。素人が使うのであれば使い勝手は断然Macが良いと思うのだが世の中はWindowsである。Mac頑張れ、でないとアプリが少なくて苦労するのである。
HP作成ソフトは使わずHTMLタグでコツコツ作っている。他のHPを見て気にかかるとソースを開いてインターネットの検索でHTMLタグを調べる。それで何とかなる。ただ年なのでタグのスペルを直ぐ忘れる。機能は覚えているので以前に使ったところを探しては使っている。高度のテクニックはないがそれなりにHPになっていると自分では思っている。HPは自己満足の世界である。
HPはツーリングフォト主体である。以前からPCで写真を扱っていたのでPhotoshop Elements 3.0をもっていたがHPをやり始めてやっと存在価値が出て来た。今まで使っていなかった機能をこれも調べながら試行錯誤して使っている。
3G’sHPはクラブのHPである。メンバーの参加を望んでいるのだがこれが一番難しい。レポートは幹事に強要して書いてもらっている。何かと工夫をしながら飽きないようにすることが(私にとっても)続けるポイントになると思っている。今回のビックツーリングのツーリングフォトもちょっとした工夫をしているのだが、分かるのは私だけだろうな。まっ、いいか。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2006/11/19(日) 13:04:27|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第50回ビックツーリング in 下田2006/11/12(日)

昨日、今日と我バイクショップ、モト・ギャルソン恒例のビックツーリングに参加して来た。第50回の記念ツーリングというからたいしたものだ。参加台数も200台と言うから凄い。と言っても200台が連なってツーリングする訳ではない。チームに分かれてコースも別で伊豆下田を目指す。我チームは『3G’s』、今回作られたチームではない。もう12年も続いてる由緒あるアダルトモーターサイクルクラブである。(詳しくはリンクから3G’sHPを見てください)
今回は13名、いつものメンバー、久しぶりのメンバー、好き者同士が集まり好きなことに時間を費やす、命の洗濯とでも言おうか。何か1つ、自分の世界に入れる趣味を持つことは良いことである。
海老名SA 雨も何のその、集まればバイク談議昨日の天気予報は曇り一時雨、一時といっても確率は高い。朝出発する時はまだ降ってはいなかった。これはうまくすれば…と家を出て数キロ走ったところで降り出した。
コースも変更し一気にホテルに向かうことに、とうとうホテルに着くまで止む事は無かった。ただひたすら前のバイクの後について走っていた。これもツーリングである。雨もカッパを着て完全防備すればまた別の世界になる。雨の日には雨の日のライディング、また違った緊張感がある。でもやっぱり途中途中で見える紅葉の気配。晴れていればきれいなのに、残念!!
変わって今日は晴天。昨日の分まで思い切り走った。下田から裾野経由で469号で富士山を右手に見て西へ。気持ち良く走っていたら、曲がるところを見逃してかなり行き過ぎて139号に出てしまった。取りあえず本栖湖方面に、どこかで右に曲がればいける筈、ありました県道180号、途中で180号に入るところが、どうも180号線のスタートから走る事になってしまったらしい。曲がった正面に富士山がクッキリ、ど~んと構えていた。この富士山は初めてだ,なかなか素晴らしい富士山を見る事ができた。今度は富士山スカイラインを東に向かって、左手に富士山を頂いて気持ち良くかっ飛んだ。久しぶりにスカッとした。
富士山スカイライン水ヶ塚。バックに富士山があるのですが‥

御殿場、須走経由で富士スピードウェイを通り過ぎて三国峠を越えて道志道に、途中相模湖に抜けて中央道で戻る、いつものコースで帰宅。
2日間の走行距離480Km。





テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/11/12(日) 20:59:12|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅葉めぐり(続き)2006/11/4(土)

今日も昨日に続いて紅葉めぐり。秋の富士山を撮ろうと富士山一周に出発した。年に数回は富士山一周をするのだが全方位から撮れたのは過去1回しかない(リンクの3G’sのキャメラのカメラにありますよ)それがGWだったのでその秋版を撮ろうと考えたのだがやはりほんのちょっとしか頭を出してくれなかった。
でも紅葉はまあまあ楽しめた。ルートは道志道から山中湖をかすめて、三国峠、明神峠を越えて富士スピードウェイの横を通って須走に抜け富士スカイラインへ。スカイラインを気持ち良く走り、139号に平行に走っている県道で鳴沢に。そこから西湖、河口湖の湖畔を通り、山中湖に戻って一周となる。
行きの道志道の空は暗く先行を不安にさせるが、紅葉は今が盛りのようだ。三国、明神峠はガスがかかって視界数メートル、紅葉どころではない。
富士スカイライン西臼塚 富士山は雲の中 スカイラインは下の方はまだまだ紅葉が楽しめる、上の方はもう終わっていた。

 やっと見えた富士山。鳴沢へ向かう県道にて 雲が晴れて青空がでたのは鳴沢に向かう途中くらい。雲の流れの合間から頭が少しの間だけのぞくことができた。やはり富士山はいい!!

河口湖湖畔道路のもみじ 西湖、河口湖の紅葉(もみじ)は西湖側は色付き始めだが、河口湖東側は見頃だった。ただ車が多くバイクを止める事ができず写真は諦めた。

帰りの道志道 帰りの道志道は天気もよく朝より更にきれいだった。

本日の走行距離337Km。午後4時着、明るいうちに無事帰着。




テーマ:本日の走行距離 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/11/04(土) 22:01:59|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅葉めぐり2006/11/3(金)

中津峡、上流で志賀坂峠とキャンプ場に分かれるあたり 3連休初日。天気予報では三日間とも晴れと曇りマークで雨マークはない。しかし次第に崩れていくらしい、と言うことで初日はバイクに決まり。ネットで紅葉の見頃をチェック。山梨県が見頃になっている。山梨の天気予報をみると快晴。これで決まり。
 紅葉情報からルートを練る。見頃の場所を調べてみると中津峡、西沢渓谷、昇仙峡、竜門峡、丹波渓谷。これをナビにセットする。基本ルートは299号~140号~20号~411号。あとは状況判断で成り行きの気ままな一人旅である。
中津峡にて 朝7時に出発、やはり車が多い皆同じ方向に向かっているようだ。考えることは同じなのだろう。急ぐ旅でもないし、車のながれに任せて299号で秩父を経由して140号に。雁坂トンネルへ向かう途中で左折して中津峡へ。思ったより車が少ない。紅葉はまだなのかと心配したが結構きてました。どうしてもバイクを止める回数が増えてしまう。だいぶ時間を費やしたようだ。
雁坂トンネル入り口 140号に戻って急ごうと思うのだが車が多い。雁坂トンネルの料金所ではトンネルの中まで繋がっていた。嫌気がさしてきたところに料金所のゲートが追加された。バイクの特性をいかして一気にゲートに突入して無事通過。直ぐに西沢渓谷だ、渓谷までバイクで行けるのかと思ったら西沢渓谷入り口駐車場があり、とんでもない車と人の量だ。ここまでも時間がかかっていたので即決断念、次へ向かうことに。西沢渓谷は残念だったが雁坂トンネル付近は正に紅葉まっただ中で気持ち良く走れた。逆方向の甲府方面から来る車は多く、道の駅の駐車場にも入れないくらい。時計を見ると既に昼、昇仙峡へ行くにはちょっと遅くなってしまった。昇仙峡も西沢渓谷と同じ状況だろうと察して、ルートを竜門峡へ変更した。20号を快適に飛ばし、竜門峡へ
竜門峡 竜門峡と言っても自分も知らなかったのだが20号上りで笹子トンネル手前で大菩薩峠方面へ行って499号に抜ける道と言えば分かるだろう。その途中に竜門峡がある

大菩薩峠に向かって ここも紅葉は見頃、かつ車も少ない。いわゆる穴場か。ここも自然にバイクを止める回数が増えてしまった。。

丹波渓谷 このままで行くと家に着くのがちょっと心配になってきた。急ぎ499号に抜けて奥多摩を目指す。柳沢峠、丹波渓谷、ここも紅葉は見頃であった今週から来週にかけてこのルートは最高の紅葉ルートだと思う。

奥多摩奥多摩は色付き始め、来週あたりからいいんじゃないでしょうか。
案の定、家に着いたのは6時過ぎでもう暗くなっていた。本日の走行距離326Km。それにしても時間がかかってしまった。が疲れはない。(おそらく2~3日後に出るのだろう)










テーマ:本日の走行距離 - ジャンル:車・バイク

  1. 2006/11/03(金) 23:19:48|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0