キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

一月ぶりの300km 2007/7/29(日)

 27日に東海地方は梅雨が明けたらしい。天気予報で昨日の土曜日が晴れだったので関東の梅雨明けを待たず久しぶりに走って来た。今日は朝から曇り空で今は土砂降りの雨、明日も雨マーク、7月中に梅雨は明けるのあろうか。
 この頃明るくなるのが早いので5時前に目が覚めることが多いので、昨日は早く出てビーナスラインでもと思っていたのだが。ところが目が覚めてたら6時である。取りあえず中央高速へ向かうことにしたが環八は既に渋滞気味、調布から高速に入ったがここも流れが遅い。ずうっとすり抜けが続いたので相模湖で降りて道志みちに入った。良く行くルートで山中湖でV字ターンして三国峠から富士スピードウェイを通って須走から御殿場へ、富士山スカイラインに入る。この道は快適に走れるお気に入りの1つである。
ホタルフクロの花 快適に走り水ガ塚で休憩、面白い花が咲いていたので早速新しいカメラで撮ってみた。今度のカメラはCanonのPowerShot S5IS、今までのCanonのPowerShot G3と操作ボタン類は同じなので直ぐに使えてよい。でもユーザーズガイドを見ると機能は格段にアップしている。と言ってもまだ完全にマスターしていない。ホタルフクロの花の中、スーパーマクロ撮影買いのポイントは手ぶれ補正と立ち上がりレスポンスの早さ、それにバリアングル液晶モニターは外せない。それと2.5型の液晶、単三型乾電池使用。あと12倍ズーム、800万画素も使って見て違いが分った。G3から除かれた機能はRAW、デジタルの極みとしてRAW形式は残して欲しかった。気にかかるのがファイルの大きさ、G3は4MでS5ISは8Mなので単純に倍になる。PCのハードディスクは大丈夫かな。PCの画像処理時間も前より時間がかかっている様に思える。レンズの性能がどうとか言う程分っている訳ではないがやはり解像度が上がった分高画質になっている。
 水ガ塚を出て直ぐに渋滞、この道で渋滞にあうのは初めてである。車から人が下りて何かと先を見ている。バイクの機動力を生かして一気に先頭まで行ってみた。案の定事故である。車2台、両車とも運転席がメチャメチャになっている。両車とも全損、ドライバーが無事でないことは確かのようだ。担架にに乗せて救急車に搬出している。事故現場警察が来て検分の真最中である。事故車は道路の左右にあり、真中がと通れるくらいの幅が空いているがそこで検分をしているので通れない。Uターンしようかどうかしばらく悩んでいたが自転車の人が自転車を持って間を抜けてきた。バイクを押してなら通してくれるかもしらないということで待っているバイク連中数人でバイクを押して向かった。警察も大人の対応で「オイルが流れ出しているので注意する様に」とOKしてくれ。確かにオイルが道路上に漏れている。オイルを踏まない様に気をつけて無事通過、渋滞から抜け出すことができた。
あじさい 西湖 この後は富士山を時計回りに回る様に鳴沢に抜け、西湖、河口湖の湖畔を走り富士吉田からは138号を避け、忍野八海を通って山中湖にでた。これで富士山一周である。しかし夏の富士山はいまいちである。やはり白い雪を頂いた姿でないと存在感が薄いし、美しくない。富士山の写真はあきらめて途中途中で咲いていた花を撮ってきた。
ダリア? 忍野 コスモスか まだ早い花はコスモス。忍野 茎も葉も、やっぱりコスモスでしょう。
 帰りも道志みちから相模湖で中央高速にのり、調布で下りて三鷹のバイクフィールドによって夏のツーリングのルートを聞いて帰宅。
 やはり今の季節の午後の高速、街中の走行は辛いものがある。夏は早出で午前中に戻るというのが正解ですね。走行距離は347km。

スポンサーサイト

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/29(日) 10:37:03|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨明けず 2007/7/22(日)

IMG_0108.jpgIMG_0102.jpg 今週も梅雨明けず、ハッキリしないぐずついた週末になってしまった。バイクに乗ることは諦めてトランシーバーのPTTスイッチを付けているステーを作り代えた。左のグリップ元にグリップを握ったままスイッチを押せるようにアルミの板でステーを作り取り付けているのだが、厚みが1mmのアルミ板でスイッチを押すと後にそれて強度が不足しているように感じた。そこで厚さ2mmのアルミ板でステーを作り直して取り代えた。
 バイクナビと同様、トランシーバーもあると便利な機能である。バイクに乗りながらコミュニケーションがとてれるだけでなく、かなり離れても通じるのでマスツーリングのときは前と後にトランシーバーをもっている人がいれば分かれてしまっても、何処を曲がったとか、いまどの辺を走っているとか連絡をとれるので安心である。
IMG_0119.jpg トランシーバーはiCOMの「IC-T90」を使っている、50/144/430MHzの3バンドで出力は5Wだせる。バイクにアンテナは付けておらず、トランシーバーのアンテナだけで間に合わせている。ちゃんとしたアンテナをつければそれなりに効果はあるのだろうが、トランシーバーは小型なのでバックにいれて身につけているので面倒なことはしていない。アンテナでそれほど不便したことはない。IMG_0124.jpgマイクセットは「KTEL」をつかっている。スピーカーをヘルメットにセットしてあるが速度が上がると風切り音がひどくてイヤホーンをつかっている。とは言っても高速でスピードを出すとやはり聞こえなくなる。
 3G’s(バイククラブ)のメンバー全員がもっている訳ではないが、あるとバイクツーリングの世界がかわることは間違いない。私も昔、息子とバイクを乗るときに免許の要らない特定小電力トランシーバーを使ったのが始まりであるが、3G’sのメンバーが使っていたので免許(小学生でもとれる4級アマチュア無線技師。でも国家試験です)をとった。コールサインは「JE1MGZ」であるがバイク以外につかったことがないのであまり意味はない。マスツーリングにはお勧めのアイテムである。
 本日も走行距離は0km。

IMG_0098.jpg カメラを買い替えた。報告はまたバイクに乗れない雨の日にするとしてキキョウの花が玄関先の鉢で咲いていたので撮ってみた。キキョウは夏に咲く花である。そろそろ夏到来か。いままで気がつかなかったがつぼみの様に見えるのは花びらがくっついているのですね。風船に様に膨らんでいました。明日当り咲くのでしょうか。


テーマ:その他 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/22(日) 21:02:11|
  2. Motorcycie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BMW R65にもバイクナビを取り付ける。 2007/7/15(日)

  昨日バイクナビをMioC323に買い替えた話をしたが、ついでにBMW R65にもバイクナビを付けられる様にした。今までBUELL M2ではバイクナビを使っていたのだがBMW R65では使えないでいた。理由はハンドルバーが露出していないのでホルダーが取り付けられないこととバッテーリーからの電源確保の問題である。
 R65はバッテリーが弱くなることがあり充電がいつでも出来るようにバッテリーにクイックチャージカプラーをつないでいるのだが、よく考えてみるとクイックチャージカブラーとM2に付けているナビの電源をとっているシガレットソケットはバッテリーとの接続は同じ構造である。念のためヒューズを確かめたら同じ5AでOKである。しかしソケットの接続形状が違うためどちらかを換える必要がある。
サイドカバー後に付けた電源取り出しようのカプラー二輪館でデイトナのキットがM2につけているのと同じものでトリクル充電器にもつなげられることを確認して購入。早速装着、古いバイク(R65は1980)は作りが単純でよい、バッテリーの端子も直ぐ出せて取り付けは至って簡単、接続のカプラーもバッテーリー近くのサイドカバー裏に上手く固定してスムーズに終了した。
強力吸着板付きホルダー 次に解決すべき問題はナビのバイクへの取り付けである。ハンドルにホルダーが取り付けられないのでどうしようか。タンクバックの透明ビニールのところに入れる手もあるが画面タッチの操作が心配である。それに見難い。MioC323の付属品に車用のホルダーが付いていた。車のダッシュボードに吸盤で取り付けるように出来ている。吸盤はパテント付きでMADE IN GERMANYであった。ドイツ同士BMWとは相性がいいかもしれない。
 吸着力は強力であるが、下地の状態で簡単にとれてしまうのが心配。下地は平滑で密着できなければならないようだ。指で触って凹凸が分る様であれば直ぐに外れてしまう。でも一旦吸着するとその力は凄い。ツルツルのタンク面なら大丈夫であろう。念のため外れても大丈夫のように安全措置を考えようか。とにかく今度晴れたら実装して試してみよう。


テーマ:カーナビ - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/15(日) 17:39:26|
  2. Motorcycie
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:0

バイクナビを買い替えた(Mio C323)2007/7/14(土)

 今日は天気予報通り朝から雨、降水確率90%ではしかたがない。折角の3連休もダメみたい。今は梅雨なのだと思えば納得するしかないか。おまけに明日は台風4号も襲ってくるようだ。おとなしくしていよう。ということで今日はナビの話にしよう。
 先日ナビを買い替えた。Mio168RSを使っていたがバッテーリがおかしくなった。バイクのバッテリーから電源を取っているので充電は関係ないのだがどうも電気が供給されなくなったようでバッテリーを交換しろとメッセージが出る。一度ナビを使い始めると便利でない無いと困ってしまう。まだ1年ちょっとしか経ってなので修理に出そうとネットで調べていたら、新しいタイプが出ていた。MioC310、P350が出ているのは知っていたが今度のMio C323は本格的な所謂ナビである。RAMマウントにもぴったりデザインも自分好みでスッキリしている。バイクナビも色々出てきているがMioの手軽さと低価格が気に入っている。早速近くの二輪館へ行き、現物確認をした。サイズもバッチリでMio 168RS用に取り付けたRAMマウント(これが結構高かった)にぴったりで即購入してしまった。
 Mio168RSはポケットPCにナビソフトの組み合わせだったのでナビの他にもPCの機能もあったが、ほとんどナビとして使っていたので困るようなことはない。Mio168RSはどちらかというと地図ソフトに簡易的なナビ機能がついているといった感じだったが、MioC323はより本格的なナビ機能を備えている。目的地設定も簡単だし電話番号でも出来る様になった。ルート検索の条件も選べるようになったし、画面もナビらしくなって見易くなっている。スッキリした画面、良いですね操作が全て画面タッチ方式になって他のスイッチ類がなくなったので全体のサイズが変わらないが画面がサイズいっぱいに大きくなっている。ただまだ慣れていないせいかズームの「+」と「メニュー」のボタンが近くてブローグをした指ではよく押し間違えをしてしまう。それとMio168RSにあってMioC323にない機能として過去履歴の記録が出来ない。Mio168RSは設定した時間間隔で地図上で過去のいた場所に時刻が表示され履歴を見ることができる。ツーリングレポートを書く時など何時、何処にいたのか調べられるので便利な機能だった。あと接続する順番に注意が必要らしい(起電流の問題か)が慣れてしまえばそれほど苦にはならないと思う。
 まだ本格的に使い込んでいないので何ともいえないが、確実に進歩していることには間違いない様で期待している。本日の走行距離0km。

テーマ:カーナビ - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/14(土) 17:10:31|
  2. Motorcycie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3回目の車検を終えて、まだまだ乗るぞ。Buell M2 2007/7/8(日)

 昨日、3回目の車検が終わったBuell M2を取りに行ってきた。壊れていたサイドスタンドのスイッチ交換とプラグの交換くらいで特に異常はなかった。整備してくれたメカのヤナさん曰く「エンジンは調子いいですね」。店長も「外車のエンジンは国産にくらべると長く保つね」などと言ってくれるので私も「まだまだ乗れるね」と言うとすかさず「エンジンが保つのと乗り続けるのは違うよ」と店長。まあ6年も乗り換えてなくこれからも乗り続けるとなるとお店に取っては効率の悪い客かもしれない。でも6年で58000kmを走っているからほぼ1万km/年、こうなるとオイル交換、タイヤ、ブレーキパットなどの消耗品なども結構消費してる筈であり、それなりにお店に貢献している筈である。でも殆どノーマルのままなので確かにお店に取っては儲からない客かもしれない。そもそも殆どバイクを改造したことないし改造などしなくとも今のバイクの性能で全く問題はない。サーキット走行するとか何かのレースにでるともなればどこか強化を必要にするところもあるかも知れないが、もっぱらツーリングユースでは殆ど問題ない。また問題になるところがバイクの味になったりする。と言っても運転し易い様には調整をする。IMG_0117.jpgそうそう今回の整備でステップをローレット加工を施したステップバーに交換した。跨がってステップに足を乗せた瞬間に違いがわかる。こういう効果が実感できることはどんどんとり入れて行きたいものである。今回のステップバー交換は正解であった。もっと早く交換しておけば良かったと思う。
 まあ兎に角乗れるうちは乗り続けたいものである。バイクは性能ではない味である。現にBMW R65はもう27年も乗り続けている。お店には悪いがBuell M2が動く限り乗ろうと思う。

テーマ:つぶやき - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/08(日) 18:39:59|
  2. Motorcycie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Buell M2 3度目の車検 2007/7/1(日)

 今月7月でBuell M2が3度目の車検になる。昨日モトギャルソンに預けてきた。ユーザー車検もあるが安く上がるからと言って車検の検査だけ通ればバイクが整備されているかというと疑問である。自分に知識と技術があればよいのだが定期的にプロに点検・整備してもらうということは必要と考えている。点検検査項目と方法がわければ自分でできないこともないと思うが、やはり毎日バイクを扱っているプロの経験と技術を信頼している。勿論信頼できるショップでなければならないことはいうまでもないが、それが日頃からのショップとの付合いということになるし、信頼のおけるショップであれば長く付合うことになる。
 昨日もモトギャルソンに行く前にM2を清掃した。いつも乗った後、終う前に水でタオルを絞って拭いてやる。バイクを一通り拭くことで異常が有る場合に早く見つけることができるので、時間がある限り掃除してから終う様にしている。乗ろうとしてバイクを出しても汚く汚れていては乗る気も薄れてしまう。バイクをメンテナンスしてくれるメカニックも同じだと思う。これから整備しようとするバイクが汚かったら本当にキチンと整備しようと思うだろうか。オーナーのバイクへの思いが伝わればメカニックもキチンと見てくれると思う。まぁプロにしてみればどんなバイクでも整備はキチンとやっていますということかもしれないが様は気持ちである。気持ちは行動に出るものと私は思っている。
 今回で3度目の車検ということは6年経ったことになる。走行距離は58,000km、昨年前半座骨神経痛で乗れなかったので1万km/年とは行かなかったが頑張って乗っていると思う。これからも長く乗るためにも整備をキチンとしたいものである。エンジンオイルは3000kmで代えているし定期点検は1年に一回しているので、あえて車検はいらないといえばいらないが見直すきっかけになってくれている。今回はよく見たらスパークプラグをここのところ代えていないのに気がついた以前はマメに代えていたがイリジュームに代えてから手を抜いてしまっていた。もう14,000km近く代えていないことに気がついた。勿論今回交換してもらう。
 来週7/7には終わっている予定だが梅雨の真っただ中なのでゆっくり整備してもらえば良いのである。しかしショップも1台に長々付合っていたのでは商売にならないがオーナーとしては兎に角しっかり整備してもらいたいのである。なにせこちらはバイクに身を任せて命がけなのである。(メカのヤナさん見てくれているかな)

テーマ:車検 - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/07/01(日) 18:36:46|
  2. Motorcycie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0