キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

紅葉ツーリング第2弾 2007/10/28(日)

 台風一過の晴天、当初の天気予報では雨だったが高速道路並のスピードで台風が駆け抜けてくれたので一転晴れた。この時期の晴れを逃す訳には行かない。今日も7時に家を出発、ルートを考えている時間がなかったので昨年ブログの最初で行った東北道を西那須野塩原ICで降りて~日塩もみじライン~霧降高原道路~渡良瀬渓谷~本庄児玉ICから関越道をそのまま走ることにした。
R400 西那須野塩原ICを降りてR400号を進むと間もなく塩原渓谷、紅葉も見頃でこれからが期待される。日塩もみじラインに入る。空は晴天だか日が路面まで届かないため道路の状態は良くない。走りは我慢して季節を楽しむことにしよう。日塩もみじラインもみじラインに入った辺りの紅葉は黄色が主体でもみじの赤がない。もみじは確か逆側だったかと期待して進むがいっこうに赤くならない。良く見ると緑の葉はもみじの木である。昨年同様、今年もまた早かったようである。真っ赤なもみじのトンネルを走れるかと思ったのに残念である。
川治温泉付近 日塩もみじラインを終えてR121号を少し北上して川治温泉から鬼怒川沿いに走る。この辺りも今が紅葉の見頃の様である。霧降高原道路入り口そのまま紅葉真最中の霧降高原道路に入る。直ぐに牧場がある。牧場と草原と紅葉の山がいい。思わずバイクを止めることに。今日の霧降高原は霧こそ出ていなかったが周りは晴天なのに大きなの雲が覆っていた。やはり地形的な原因が有るのだろう。
大笹牧場 霧降高原から 霧降高原から
 日光に入ると予想通り車が連なっている。いろは坂も延々連なっているのだろう。当初の予定通りR122号に折れて足尾方面に向かう。日光市内では鮮やかな紅葉は見れなかったがR122号へ折れるところから見えた男体山は見事に紅葉していた。中禅寺湖辺りは見頃なのだろうと思う。R122号を折れてトンネルを出ると紅葉はまだまだ、こうも違うものかと少しガッカリした。紅葉の渡良瀬渓谷を走りたいと思っていたのだが相手が自然なので致し方ないか。
 草木湖近くのドライブインで見たことのあるトラックが、それにハーレーの一団も。もしかしてと近づいてみると案の定、モトギャルソンのビックツーリングの面々である。社長の顔も見える。昨日の雨の中も走ったらしい。挨拶を済まして一足先に失礼した。そのまま大間から本庄児玉ICに直行、関越道で帰宅。4時前に戻れた。本日の走行距離400km。

 家に戻ると出来るだけその日の内にバイクを水拭きするようにしている。これで何か異変があった時に早めに見つけることが出来、対応が出来る。今日もリアのブレーキパッドの減りに気づいた。パッと見まだ1mmちょっと有る様に見えるのだが傾いていて片側が殆どなくなっていた。また晴れたら朝早く出たいので今日のうちに交換しておきたいので杉並のモトギャルソンに電話する。そく交換してくれるということで行って来た。長い距離を走っているので部品が減ってガタが出てきて傾いたらしい。ブレーキプレートもかなり減ってもう限界みたいだ。次にパッドを交換する時はプレートとブレーキ周りの部品を交換した方が良いみたいだ。驚いたのはブレーキパッド(グッドリッジ)が二千円も値上がりしていた。フロントは三千円も上がったらしい。困ったことである。



スポンサーサイト
  1. 2007/10/28(日) 21:54:38|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ紅葉シーズンの始まり 2007/10/21(日)

 天気予報も晴れ、ネットで紅葉を検索すると白根山が見頃らしい。目覚ましを6時にセットして起床、窓を開けると青空が広がっていた。Buell M2を出して7時に出発する。関越道に乗るのだが何故かR254号を走っていた。練馬の入り口が近いのに。この頃秩父方面に向かうことが多かった所為か、まだ寝ぼけていたらしい。和光から外環に乗る手もあるが道も空いていたのでそのままR254号を走って所沢ICから関越道に乗った。関越道もスムーヅに走れ気持ちが良い。なんといっても青空が最高である。
 関越道を渋川伊香保ICで降り、R353号を走り中之条に向かい日本ロマンチック街道に入る。ナビが有ると心強い、途中目を離して曲がるポイントを過ぎてもリルートしてくれる。渋川伊香保ICで降りたのは初めてだったが全く問題はなかった。ロマンチック街道の紅葉はまだまだでちょっと心配になったが草津に入るあたりから本格的に紅葉が始まっていた。志賀草津道路より
志賀草津道路からみる景色は絶景で今が最高の見頃だと思う。特に殺生河原から見える赤、黄、緑が色合いが最高のところがあったが駐停車禁止、バイクなので止まろうと思ったのだが硫化水素ガス?が本当にきつく断念した。
彼方に雪のアルプス 志賀草津道路は車は繋がっていたが渋滞することはなく、午前中だったせいか反対車線がガラガラでスイスイ行けた。草津白根レストハウスを過ぎると雪を頂いたアルプスが見えてきた。絵になる景色である。残念なのは反対側に来たら赤の紅葉がなくなってしまったことであり、殺生河原での赤の紅葉を写真に撮れなかったことが悔やまれる。
雪化粧をした浅間山 鬼押出し園より 志賀草津道路を途中万座温泉方面に折れ、万座ハイウェーに入る。車も少なく有料道路の料金分くらいは快適に走れた。続いて鬼押出しハイウェーに入る。浅間山も雪をかぶり綺麗に化粧をしている。軽井沢に入る辺りは流石に車が多く多少渋滞気味、ちょうど昼時なので蕎麦でも食べようかと思うがどこもいっぱいである。町を外れれば空いているお店も有るだろうとそのまま碓井軽井沢ICへ向かう。
軽井沢 ふく吉 直ぐに『純手打ちそば」の看板が目に入った。ちょうどバイク1台分のスペースが空いていた。でもやはり中は満席で少し待つことに、後から2人、3人と客が入ってたと間もなく団体さんがでていったので相席もなくテーブルに着けた。ざる大盛り 1250円也間もなくお茶と蕎麦のお菓子(蕎麦揚げ)が出て来た。蕎麦を待つ間、お菓子を食べる。なかなか美味い。蕎麦もそこそこ美味しく、つゆを付けずにそのまま口にいれるとちゃんと蕎麦の風味が口に広かったが、ただつゆの出汁が強すぎて蕎麦の風味が消えてしまう様に感じた。
 腹ごしらえも済んで後は帰るだけ、碓井軽井沢ICから上信越道に乗り一気に東京へ向かう。が満腹の所為が睡魔が襲ってきたのでゴール手前の三芳PAのベンチで暫し横になって休憩。高速出口も時間が早い(3時頃)為か全く渋滞もなく無事到着した。本日の走行距離379km。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/10/21(日) 23:18:42|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕎麦屋めぐり 2007/10/20(土)

 ツーリングレポートの筈がいつの間にか蕎麦屋巡りになってしまったようだ。土曜日は起きるのが遅くなってしまうので遠出は難しい。今日も遅くなったが天気が良いので2週間ぶりにBMW R65を出した。がエンジンのかかりが悪い。どうもかぶっているようだ。案の定プラグを外してみると右側のプラクが真っ黒になっている。プラグを清掃して、セルボタンを押すとブルッブルッとエンジンが目覚めた。そう言えばこの頃燃費が悪くなっている。ガスが濃すぎるのかと思いエアスクリューを閉め込んで正規回転数戻した。やはり10度くらい閉め込まれていたようだ。この状態で今日は走ってみることにした。
長尾根 埼玉県秩父市別所396-2 出発は10時を回っていたので、今日も秩父に蕎麦を食べに行くことにした。ネットで「長尾根」というお店が美味しいとあったのでナビにセットして出かけた。エンジンも問題なく12時過ぎにお店に着いた。お店の前の駐車場はほぼいっぱいでお店の外に待っている人がいる。これは期待できるか。でも待つのは嫌だし・・・。と間もなくお店から終えた人がまとめて出て来たので待つことにした。
長尾根 くるみ蕎麦 外に今日のおすすめメニューがあり、くるみ蕎麦があったのでそれに決めた。そう持つこともなくテーブルに案内され、即くるみ大盛りをを注文する。出て来た蕎麦は二八蕎麦らしく挽きぐるみではなく私の好みで、まあまあというところか。まあまあと言うのはくるみ汁にしたのが間違いだったかもしれない。くるみ汁は「やなぎや」さんの方が美味いようだ。普通のつゆであればまた違った感想になっていたかも知れない。他のお客さんから”美味い”と言う声が聞こえて来るのでこころ残りである。また来ることがあったら普通の汁で食べることにしよう。
 帰りは正丸トンネルの手前から名栗に抜けることにした。正丸トンネルに向かう途中、車がいなかったのでアクセルを開いたのだが間もなくボコボコ言って力がなくなる。でも止まることない。回転を落とすとそれなりに走る。名栗に抜ける峠が越えられるか心配であったがそのまま突入した。回転を上げなければそれなりに走る。問題なく峠を越えて名栗に。少しは紅葉の気配はあるがまだまだであった。
 家に帰ってからプラグを外してみたらやはり右のプラグが黒い。やはりまだガスが濃いのだろうか。1回かぶったプラグはダメになると聞いたことがあるので(そんなことはないと思うのだが)念のため、プラグを清掃して左右を入れ替えておいた。キャブはあまりいじったことがないが次回焼け具合をみて、調整してみよう。本日の走行距離165km。



  1. 2007/10/20(土) 21:00:47|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また蕎麦 2007/10/14(日)

 パッとしない天気の日曜日、遠出する気分にはならないので今日も秩父に蕎麦を食べに行って来た。荒川の美味しい蕎麦をネットで検索したら「和味」(なごみ)という蕎麦屋さんを見つけた。R140号からちょっと奥まったところにあり「こだわり」ということで荒川のそば粉100%で挽きたて、打ちたて、茹でたてとあったのでナビにセットした。9時過ぎに出発、出る時は青空も少し見えたが秩父まで来るとどんよりした空になっていた。ナビのセットの仕方が悪かったのかR140号上でゴールになった。ちょうどネットでみた地図の曲がるポイントだったのを覚えていたのでそのまま曲がり進む。細いみちで寂しい田舎道なのでこれで良いかと心配になるが「和味」の道案内があったのでそのまましばらく進むと車とバイクが止まっているお店を発見、11時すぎでまだ開店したばかりだが既に満席か?幸いテーブルが1つ開いていて待つこと無く席に着けた。メニューには野菜の天ぷら、おこわのセットメニューがいくつかあったが迷わずせいろを注文する。この後続々来客で外で待つことになる。
寒ざらし和味せいろ蕎麦 店員さんにせいろを注文すると期間限定の寒ざらしそばがあるとのこと100円ましだがそれにしてもらう。出て来た蕎麦は挽きぐるみでそば粉100%なのであろう短くきれていた。そのままつゆを付けずにすすると蕎麦の香りと味が広がった。まずは合格というところか。挽きぐるみは香りが良いといわれるが美味しいとは限らない。蕎麦も十割といわれると美味いのかと思うが決してそうであるとは限らない。二八蕎麦でも充分に香りがあって美味しい。むしろ自分のイメージの蕎麦は二八蕎麦である。蕎麦らしくズルッとすすれなくては蕎麦ではない。つゆは濃いめでちょっと付けて食べるのが良い。寒さらしの後に普通のせいろを1枚追加した。つゆを付けずに食べると確かに寒さらしに比べると香りも味も少し弱く感じた。お腹はいっぱいになったが、今ひとつ満足感がなかった。
そば処 和味(なごみ) 食べ終わって店を出たのがちょうど12時、空はどんより雲に覆われたまま、晴れていればこのままR140号を進み雁坂トンネルを抜けるのも良いが今日はそのまま引き返すことにした。今日はバイクに乗るというより正に蕎麦を食べにきたということであった。
 本日の走行距離157km。


  1. 2007/10/14(日) 17:44:45|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食欲の秋(第3弾)蕎麦 2007/10/7(日)

 連休2日目今日も晴れ、天気予報では明日は雨、ということで今日もバイクで出かけてきた。昨日はBMW R65だったので今日はBUELL M2を繰り出した。昨日美味いくるみ蕎麦を食べたらまた美味しい蕎麦を食べたくなった。自分のイメージしている蕎麦を食べさせてくれるお店がある。まだ2回しか行ったことがない。ちょっと遠いのでそう度々行けないが、天気も良いので思い切って山梨長坂の「翁」に行ってきた。蕎麦好きな人なら知っていると思うがかなり有名なお店である。
かかし。12倍ズーム、手持ちでファインダーに入れるだけでも大変でした 日曜日なので環八は比較的スムーズだったが中央道は相模湖まで渋滞、連休の晴れ日で予想はしていたがいつもの様に相模湖まで擦り抜けをして走る。時計を見ながら11時過ぎに「翁」に着く様に韮崎ICで中央道を下りてR20号で目指す。この辺まで来ると長閑である。ちょうど米の収穫時期で"かかし"が見張っていた。「翁」は奥まったかなり分りにくいところに在る。中央道とR20号の間にあり、自分はいつもR20号から入る。ほんのちょっとだがワインディングを楽しめる。R20号から曲がるところを忘れていそうなのでナビにセットしておいた。今回も正解、いよいよナビが無くてはならないもになっていたようだ。
お店の裏には自然に包まれた広い駐車場がある「翁」入り口 「翁」には予定通り11時ちょっと過ぎに到着した。開店が11時なのでまだ混んでいないと思っていたが甘かった。お店の外にはすでに数人が待っていた。仕方なく順番待ちの紙に記帳して待つことに。メニューは普通の細い麺の”ざる”と太い麺の”田舎”の2種類しかないので手際が良くお客さんの回転も早いので思ったより待つことない。テーブルについてざるを2枚注文する。田舎の太麺は蕎麦そのものの味を味わえるが腰があるというより”こわい”ので自分はあまり好きになれない。蕎麦はやはり細い麺を”ずるずる”すすって食べるのがよい。田舎はどちらかというと”もぐもぐ”食べるという感じになる。
翁のざる 注文すると手早く盆に入れられたそばつゆと薬味が出され、間もなく蕎麦が出てきた。すこし緑かかっている様に見える麺、つゆを付けずにすするとしっかり蕎麦の味がする。コシというのか適度な歯ごたえ、決して固いのではない。つゆをちょっと付けて薬味は使わないまま1枚目を食べてしまった。うまい蕎麦は薬味は要らないかも、でも薬味でまた違った味わいになるのも確か、2枚目はおろしに、ねぎにと食べたが結論は蕎麦だけ十分美味い。今回も満足して店を出ることが出来た。店の外には順番を待つお客が途切れない。車のナンバーは大阪、神戸、三河、品川、群馬・・・遠くから来ているようだが皆さん満足して帰っていくようだ。
麦草峠付近、そろそろ色付き初めている 帰りは思い付きで少し北上して茅野からR299号に入って麦草峠を回って来た。ぼちぼち色付いて紅葉が始まりつつある。紅葉にまた来たいが渋滞で走れなくなるのだろう。R299号からR141号に出て南下して須玉ICで中央道に戻ったがR141号から中央道に出るまでの距離を少し甘く見ていた。予定外の時間を費やしてしまった。高速を頑張って走って何とか明るいうちに帰って来れた。もちろん杉並のモトギャルソンでコーヒーを御馳走になった。
 本日の走行距離416km



  1. 2007/10/07(日) 23:50:41|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食欲の秋(第2弾)秩父くるみそば 2007/10/6(土)

「やなぎや」さん、注意しないと分らないかも 久しぶりに晴れの休日になった。3週間ぶりのバイクである。紅葉にはまだ早いので食欲の秋第2弾(第一弾?は9/16のかきあげせいろ)ということで秩父に胡桃蕎麦(胡桃は”くるみ”ですよ)を食べに行って来た。ネットでくるみ蕎麦なら「やなぎや」さんが一番という書き込みを見つけてナビにセットして出発した。地図を見る限りR299号沿いにあるので直ぐに分るだろうと思っていたがナビにセットしておいて良かった。危うく通り過ぎるところだった。11時過ぎに着いたがのれんは出ているものの静かだ。そっとのぞく様に戸を開けるとお客さんが1組、店の奥は見えないが人の気配はする。お店はやっているようだ。(本当に美味いのか?)しばらくするとお店の人が出てきたので”くるみ”大ざるを注文する。品書きにも”自慢のくるみ汁”とあった。間もなくお客さんが立て続けに入ってきた。(ちょっと安心する。)
くるみ汁が美味いのです お待ちかねの”くるみ”大ざるが運ばれてきた。と言っても違いは麺つゆの代わりに”くるみ汁”がついているだけである。早速そばをくるみ汁につけて食べてみる。美味い!!くるみ蕎麦は秩父の名物?だと思うがそんなに食べたことがないので比較はできないが美味いと感じるのは絶対値として美味いのだと思う。蕎麦そのものがどうかと言うよりくるみ汁そのものが美味い。そばも美味いのだと思うがくるみ汁の存在が絶対である。満足してお店を出た。くるみ大ざる900円也。
奥武蔵グリーンラインからの山並み 折角ここまできてR299号を戻るもの面白くないので定峰峠へ上り奥武蔵グリーンを走ってきた。風は少し冷たく空気も澄んでいて走っていても気分がいい。暑い夏も終わり、バイクで走るにいい季節になってきた。
 本日の走行距離183km。



  1. 2007/10/06(土) 22:44:21|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0