キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

紅葉ツーリング(第4弾)最終回? 2007/11/25

 11月3連休最終日、関東の紅葉も終盤になってきた。ネットの紅葉情報を見ると日帰りで行ける範囲では昇仙峡と河口湖が見頃は過ぎているがまだ見れそうなので出かけて来た。実は昨日も出かけたのだが環八に出る前にすごい渋滞、すぐに経路変更して圏央道も繋がったので関越道からいこうかとしたら案内板には所沢まら100分の表示、擦り抜けをすれば良いのだが楽しく走れないのでは意味がない。ということでUターンして名栗方面(紅葉情報ではまだOK)に向かおうとしたがこれまた川越街道が渋滞、こういう時は諦めが肝心ということでそのまま家に戻った。で昨日は先週の3G’sの西伊豆一泊ツールングのホームページアップをした。写真のホームページ様に加工する編集は結構時間がかかるのである。でも楽しいひと時でもある。
 ということで今日出直しで7時半過ぎに出発した。今日は至ったスムーズに流れている。調布から中央道に入ったがガラガラである。平日なら兎も角(平日はバイクにのれない)こんなことは滅多にない。八王子の料金所を過ぎるあたりから山々の紅葉は目に入って来る。談合坂周辺は最高の見頃である。中央道を走っているだけで紅葉狩りになってしまう。渋滞でなくて良かった。昇仙峡にて一宮御坂ICで下りて昇仙峡を目指す。昇仙峡は遠目で見ればまだ見れるがもう枯れ始めていた。でも観光客はまだまだ多いようだ。早めたっだのでスムーズに来れたが、観光バスがどんどん来るので早々退散した。帰りは一宮御坂ICまで戻り、御坂みち(R137)で河口湖に行く予定だったが御坂みちに入ったとたん「25日河口湖マラソン・・・1時40分まで」の看板が見に入った。これはまずいと止まったところが前に走った広域農道の入り口で精進湖に抜けてR139号で河口湖を通過すればマラソンに巻き込まれずに済むそうなので即変更、一人がきままで良い。でも河口湖の紅葉は諦めしかないか。そのまま広域農道をR358にぶつかるまで進めば良いものを芦川の案内板が目に入った。芦川へ向かう途中から、遠くにアルプスが見えるそう言えばヘアピンカープの連続する面白い道があるのでまたまた進路変更した。ヘアピンカーブを1つ2つ過ぎてだんだん高くなっていくと昼近くというのに道の脇には霜が残っている。日陰は霜が解けたのか濡れている。精進湖からの富士山要注意である、だんだん道の上にも解けきらない白い霜が残っている。どうしたものかとそのまま登っていくと道路全面が真っ白くなっている。これ以上は止めた方がよいとUターンしてR358に出て精進湖に抜けた。
富士山、お日様が強くてハッキリ見えない R139号から先は考えていなかったが今日は雲がなく富士山の姿が見えたので忍野八海を通って山中湖に向かうことにした。富士山は雲がかかってなく全容が見えるのだがお日様が邪魔をして写真が撮れない。残念である。山中湖から道志みちに入ったが車が連なったいたのでまたまた進路変更して都留に抜けて中央道に入り帰宅した。帰り道なのでいつものように杉並のモトギャルソンでコーヒーを頂いた。本日の走行距離350km。
 峠はそろそろ危なくなってきた。今年の遠出もそろそろ終わりとしようかな。




スポンサーサイト

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/11/25(日) 21:19:19|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西伊豆 一泊ツーリング 2007/11/17-18(土・日)

 11/17(土)~18(日)で3G’sの仲間と西伊豆に一泊ツーリングに行ってきた。8月のサマーツーリング以来3ヶ月ぶりになる。いつも一人で走っているのでたまのマスツーリングはわいわいと楽しいものである。中央道談合坂SAに集合、朝から冷え込んで寒い。先週は雨で走らなかったが先々週はこんなに寒くはなかったと思う。一気に季節が変わったようだ。タイツを履いて来て正解である。昨日の天気予報では晴天の筈なのだがちょっと外れのようである。
 コースは中央道一宮御坂ICを降りて御坂みちで河口湖へ、この辺は紅葉が見頃で一人で走っていたらバイクを止めて写真を撮るところなのだが団体行動ではそう勝手も出来ない。河口湖では河口湖大橋を通った。有料だと思っていたので利用し無かったのだがいつの間にか無料になっていた。
河口湖から東富士五湖道路に乗り一気に須走に、ここも有料なのでいつもは使わないのだが混雑するR138号を走るよりマスツーリングではOKである。しかし富士山は黒い大きな雲のなかで全く見えない。それに兎に角寒い気温はなんと4℃と表示されていた。大きな雲から逃れて須走からR138号に乗り継いだ。御殿場から箱根スカイラインに入る予定であったが長尾峠に登る道が台風の影響かまだ通行止めで断念、再度乙女トンネルを抜けてから登ろうとしたらまた通行止めの看板があったのでダメかと勘違いしてしないそのまま仙石原に、ただ先頭のDUCATIだけは看板の注意書きを読み取ってそのまま行ってしまった。通行止めは長尾峠ー御殿場間だったのである。我々は渋滞の巻き込まれ大変だったが仙石原から箱根スカイラインに入いった。仙石原のススキを見られたのがまだ救いだった。ススキは枯れススキ化していたがまだまだ見られる。はぐれたDUCATIとは無線で何とか交信をとり箱根峠で無事合流した。マスツーリングには無線は必須ですね。離れても安心して走れます。
釜飯 修善寺 松葉茶屋 その後、伊豆スカイラインを快適に飛ばし亀石峠から修善寺に下りてちょっと遅い昼食、昼食は釜飯屋「松葉茶屋」2時だというのにお店は混んでいる。美味しいお店と期待できる。栗釜飯 栗がほくほくで美味しいです外に洒落た席があったので注文を済まして外で待つことに、釜飯なので炊くのに時間がかかるのは覚悟していたが40分待つことになる。流石に寒くなってきたので席が空いたところでお店の中に入れてもらった。出てきた釜飯は炊きあがりのほっかほっかである。私は栗釜飯を頂いたが秋をお腹一杯に満喫した。
土肥温泉マルトの金目の煮付け 宿は西伊豆・土肥温泉・温泉寮「マルト」、モトギャルソンのビックツーリングで良く利用する食事処の磯料理屋「マルト」がやっている旅館なので料理が期待できる。食事前に温泉にゆっくり入る、露天風呂を3G’sが占領してしまった。食事は期待通りというかそれ以上、全てが美味い、特に金目の煮付けは絶品でした!! 食事の後は部屋に戻って2次会に突入、ワイワイガヤガヤ泊りならではの楽しいひと時である。
 朝も美味しい朝食を頂いて8時半に出発して北上する、沼津ICから東名に入り一つ戻って富士ICで下りそのまま西富士道路でR139号に、途中で県道180号に曲がと真っ正面にど~んと富士山がそびえている。そのまま富士山スカイラインを気持ち良く走るが寒い、温度計は2℃を表示していた。紅葉も終わり枯れ木が余計寒さを増している。途中水ヵ塚で止まったが寒くて直ぐ逃げ出した。バックは富士山&山中湖自衛隊滝が原駐屯地過ぎて須走に抜け富士スピードウェイの横を快適に通り過ぎ明神峠から三国峠をへて山中湖へ、残念ながらッこの辺も紅葉は終わっていた。山中湖ちょっと手前の「気まぐれキッチン」でいつもの様に昼食を頂く、皆それぞれに注文する私はドライカレー味の辛めのスパゲティの普通の普通盛りを頂いた。大盛り多めのスパゲティーby気まぐれキッチン普通、大盛りと値段は変わるが普通の中に少なめ、普通、多めがあり値段は変わらない。食べ残しを無くし完食してもらいゴミをだないくするためである。地球に優しいお店である。やはり好き者がいるもので大盛りの多めのスパゲティ250gを完食している者がいた。
 帰りは道志みちから相模湖に抜け相模湖ICから中央道に入いるいつものルートで戻った。途中杉並のモトギャルソンでコーヒーを頂いてツーリングを終えた。二日間の走行距離500km。(ちょっと少なめでした)
  1. 2007/11/19(月) 21:29:43|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12倍ズーム&手ぶれ補正 2007/11/11(日)

CanonのPowerShot S5IS 紅葉めぐりも順調に来たが今週の土日は晴れ間を狙いすました様な雨、でゆっくり休めた。今日の話題はカメラのズームにしよう。今年の7月にカメラを代えたことはブログにも書いたがやはり機能は数段進歩している。カメラはCanonのPowerShot S5IS、買い替える決め手は立ち上がりのレスポンスの早さであったが光学12倍ズームと手ぶれ補正はやっぱり凄い。次の写真は10月初めに行った山梨長坂の風景で同じ場所からズームを変えて撮った写真である。

点に見える案山子 バイク越しの案山子 アップの案山子

左の写真の左側中央付近に案山子がいるのが分るだろうか、その案山子をバイク越しにズームしたのが中央の写真でさらに案山子とコスモスと稲木の干してある稲束を狙って12倍にズームして撮ったのが右の写真になる。三脚もなく手持ちで撮ったが写真を撮る時は案山子をファインダーの中に入れること自体大変だった。それだけ12倍先に焦点を合わせることは難しい。手ぶれ補正が無ければ手持ちでは無理だった様に思える。高倍率のズームと手ぶれ補正はセットの機能のようである。ズームするだけでちょっと違った写真を撮れるというもの面白い。またいろいろ試してみようと思う。

テーマ:デジカメ何でも - ジャンル:写真

  1. 2007/11/11(日) 15:15:21|
  2. Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋のブランド 2007/11/4(日)

 田舎から栗と柿を送って来た。栗の食べ方をネットで検索してみた。一般的で美味しく簡単な食べ方はやはり茹で栗の様だ。驚いたことにネットで見ていたら田舎の名前が出ていた「越後村松の栗」、田舎の栗はブランンド栗だったのだ。「魚沼産こしひかり」と一緒に載っていたから本当なのだろう。ちょっと寂しいのは村松町ではなく五泉市村松地区となっていたこと大合併で吸収されてしまったのはちょっと残念、五泉ではなく村松なのだ。柿は「さわし柿」、種がなく、甘く美味しい。これも「佐渡のおけさ柿」というブランド柿がある。八珍柿のへたに焼酎を付けて1週間ビニール袋に入れて密閉するとアルコールで渋を抜くことが出来る。種は無くなるのか、初めからない種類なのかは良く分らない。小さい頃は大きなダンボールにいっぱい仕込んだものである。田舎から着いた小さめのダンボールには「11月7日開封のこと」書いてある。楽しみに待つことにしよう。
ゆで上がった栗 越後村松の栗はでかい

テーマ:新潟県 - ジャンル:地域情報

  1. 2007/11/04(日) 17:57:19|
  2. coffee breake
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅葉ツーリング第3弾 2007/11/3(土)

 紅葉ツーリング第3弾は赤城山から照葉峡。練馬から関越道に入る、残念ながら渋滞、先週は日曜日だったが至ってスムーズだったのに。高坂SAを過ぎるあたりからやっと流れ始めた。関越道を前橋ICで降りて赤城山を目指す。赤城山紅葉は残念ながら終わっていたが道路が空いていてスムーズには走れる。コーナーの凹凸が邪魔である。大沼近くの温度計は6℃を表示していた。ちょっと寒いが秋の空が気持ちよい。雲がきれいだ。そのまま北側を下るが落ち葉がコーナーを覆っている。調子に乗ってはいけません。
今が見頃の片品の紅葉尾瀬戸倉温泉から水上に向かう 薗原湖あたりから紅葉がすごい。沼田街道(R120号)沿いの山々は全て紅葉に染まっている。片品から尾瀬に入ると一層に紅葉が際立っている。しかし戸倉から水上方面に入るや否や紅葉は終わり、ただ落葉松だけが黄色の葉を保っていてくれた。
紅葉は終わり落葉松だけが残っていた沼田方面から来る対向車と何台かすれ違った。やはり紅葉を求めて来たのだろうか。いつも紅葉の時期は車が連なりバイクもなかなか止められないのだが今日は走りながら滝を見れた。こんなに滝が有るとは知らなかった。それぞれの滝の名が石碑に刻まれている。前からあっただろうか?照葉峡を下ってきたところ照葉峡を過ぎる当りから紅葉が見頃になってきた。1週間遅かったと諦めるしかない。
照葉峡を下ったところはまだ見頃 水上に出た。谷川岳方面に行って見ようかとも思ったが照葉峡がもう終わっていて期待出来ないので止めた。それに道が狭いので車が連なっている。帰りは道も空いていたのでしばらく下道を走りR17号に出て月夜野ICから関越に乗って帰宅した。本日の走行距離371km。
  1. 2007/11/03(土) 21:24:11|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0