キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

ぎりぎりで復活 R65 2007/12/31

 年末ぎりぎりBMW R65がやっと目覚めてくれた。10月20日以来エンジンに火が入った。10月20日に乗った時片側ブラグがかぶりぎみだったのでガスが濃すぎるのかと思いキャブのセッテングを少し変えたのだがそれ以降エンジンに火が入らなくなってしまった。
 状況判断からしてキャブではなくバッテリーの寿命とみて先週注文しておいた。29日に取りに行って来て充電しておいてたのだが年末の掃除とか何かと忙しくやっと今日バイクに付けた。プラグも新品に替えてセルを回すがいっこうにエンジンがかからない。古いバッテリーだと3回もやり直すともうダメになったが、今回は新品でそう簡単には参らない、がさほど力強くセルを回している様でもない。何回か繰り返していると遂にセルボタンを押しても何も反応しなくなった。これはバッテリーの問題ではないのかも・・・。一旦オフにして再度挑戦、おっセルが回ってくれた。それに数回点火した。少し貯めてセルボタンを押す。ブルッ、ブルッ・・・・大きく車体を左右に揺らしながらR65が目覚めてくれた。マフラーからは黒い煙が一瞬でた。今まで何回もトライしていたので溜まったいた悪いものが出た感じがした。やはり2月以上もエンジンが掛からなかったのでオイルも完全に下がってしまって、スムーズに動きだせなかったのだと思う。折角動いてくれたので近所を30分くらい走ってきた。まだ音が本調子になっていないが兎に角目覚めてくれただけでも安心した。これで来年もまたBMW R65に乗れそうである。



スポンサーサイト

テーマ:BMW バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/12/31(月) 21:03:59|
  2. Motorcycie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツーリングアルバム 秋の風景 2007/12/23

 昨日から12月下旬の3連休、バイクで出かけようとは思わないが、しかも雨で始まった。こういう時は家で静かに秋のツーリングの写真の整理をすることにした。今年は春から夏を一括りとして「’07 3~9月の1コマ」として整理してアルバムをつくったので、今回は残りの10~12月を「秋の風景」としてアルバムを作ってみた。見られる写真はないのだがその中から無理をして選んでみた。自分で撮った写真なのでそれなりに思いがあるのだが、思った様にはなかなか撮れないものである。3G'sのホームページ(会員の部屋のキャメラのカメラ)にアップしたので御暇な方はご覧ください。
 そうそうBMW R65のバッテーリーを注文してきた。純正は高いし当時(27年前)は品質的にも今一だったので途中で信頼できる日本製に変えたのだが2年前が14000円だったのがなんと22000円近くになっていた。店員さんに聞いたら鉛とかの値上がりで今年の夏頃に一気上がったらしい。まぁ仕方ないか。
 それと薫製の仕込みをした。毎年ロースハムを作って正月に田舎に持って行く。昨日塩付けにしておいた豚ロースを今日ピックル液と香味野菜と一緒にビニール袋に漬込んだ。ここまま一週間冷蔵庫で寝かせる。来週いよいよ薫製にする。
 

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/12/23(日) 21:05:59|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーズンオフでもバイク話題・・ 2007/12/16

ニューシート横 ニューシート 先週頼んでいたAX-1のシートができたので昨日モトフィールドに取りに行ってきた。上々の出来映えでバイクまで新しくなった様に感じる。金7千3百円也を支払った。夜は3G'sの今年の締め括りの総会があり三鷹まで行ってきた。この季節はツーリングは出来ないので皆で集まり今年の会計報告と来年の会長、幹事を決めることになっている。それと勿論忘年会を兼ねている。
 今日は先週エンジンがかかってくれなかったBMW R65のエンジンをかけてあげようと試みた。バッテリーの充電を確認、13V以上有ることを確認してセルを回す、一瞬火が入るが続かない。2、3度これを繰り返すともうセルを回すことが出来ない。電圧を測ると11Vに落ちている。正常なバッテリーならこう早くダメにはならないであろう。やはりバッテリーが寿命なのか。メンテの記録をみたら2005年11月にバッテリー交換していた。確実に2年でダメになる。注文しなければ、また予定外の出費になりそうである。
 早々、諦めて昨日の総会の報告をホームページにアップすることにした。結局今日は出かけず 家で過ごしてしまった。外はピューピュー風が強いようで正解であった。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/12/16(日) 21:06:17|
  2. Motorcycie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月の晴れた休日 2007/12/9

銀杏の葉の絨毯 落ち葉が落ちている 今年も残り少なくなってきた流石にバイクで出かける季節ではないようだ。家の近くに公園があるのだが銀杏の葉も落ち始め黄色の絨毯が出来ていた。かなり厚くクッションも上々であった。
 遠出はダメにしろがオイルを回してあげたいのでなるべくバイクには乗る様にしている。今週の土日も天気が良いのでカントリージーンスでも洗ってあげようと昨日世田谷のクシタニにリキッドソープ(専用の洗剤)を買いに行ってきた。(カントリージーンズについては今年の5月5日のブログに書いた)洗濯をしてあげると蘇ってくれるのが嬉しい。6年も履いているとは思えない。いいものはいいのだがクシタニさんはもうからないかもね。
 しかし土曜日の環八は動かない。急ぐ旅でもないのでのんびり行って来たが流石帰りは全く動かなくなり三本杉陸橋に入る前に横道に逃げた。バイクナビがあるので何とかなる。同じ時間でも止まっているより動いている方が良い。環八には五日市街道から戻った。この辺まで来ると環八も動いている。お約束で四面道のモトギャルソンでコーヒーを御馳走になった。
 今日は昼からBMW R65を出したがエンジンがかかってくれなかった。昨日バッテリーが減っていたので充電してあげたのだがセルを回しきれない。確実に2年でダメになるのだが今のバッテリーもちょうど2年。まぁバイク自体も古いのでバッテリーが悪いと限らないのだが、さぁこれからどうしよう。日が当って暖かくなるだけで動くこともあるのでまた来週トライしてみよう。
AX-1 ということで我アッシーのAX-1を動かすことに、日本製のバイクは確かに優れているが、経年変化というかある程度経つとダメになる。儲かるように考えて作ってあるようだ。でも我AX-1は平成元年購入だから18年経つがまだまだアッシー君として頑張ってくれている。バッテリーもまだ1度しか交換したことがないが大丈夫だ。でも乗らないとバッテリーはあがるので適度に乗ってあげる必要がある。今日はシートが破れてボロボロになってきた(破れ始めたら次から次へと破れる)のでシートの張り替えを頼みに三鷹のモトフィールドに行ってそのままシートを預けてきた。帰りはウェスを頂いてシート代わりにして乗ってきたがシートがなくても乗れるものである。以前乗っていたTLM200を思い出した。
 4時過ぎにモトフィールドを出たが既に暗くなり始めていた。早くお家に帰りましょう。 

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

  1. 2007/12/09(日) 18:34:18|
  2. coffee breake
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅葉ツーリング 第5弾(追加分) 2007/12/2

 今年ももう12月に入ってしまった。紅葉も伊豆辺りまで行けばまだ楽しめるがもう朝早く出るのは寒くてダメである。峠も標高が高いともう凍結で危ない。でも今日はいい天気、ネットで見たら奥多摩辺りがまだ紅葉が見れそうなので9時半頃に出て、また一回りして来た。
飯能 いつものように川越街道から浦和所沢バイパスに入るとケヤキ並木がきれいに紅葉していた。所沢から飯能に向かう道では大きくはないが銀杏が黄色く紅葉して並んでいた。いつもと違う道のようである。飯能あたりの里の山々も紅葉している。この辺は今が見頃にようである。十分に紅葉を楽しめる。飯能から成木経由で軍畑にでた。そのまま青梅街道に入ろうとしたらお巡りさんが通せん坊、駅伝のため交通規制とのこと、そのまま橋を渡って吉野街道で奥多摩に向かうことになった。奥多摩湖周辺の山々はやはり見頃を過ぎていたが湖の周辺はまだきれいな紅葉を楽しめる。ダム側からは逆光になって残念ながらきれいな写真が撮れない。それではと奥多摩湖沿いの道を走って見たがきれいなポイントは沢山あるのだが道幅が狭くバイクを止めることが出来ない。止める場所があったと思うと湖が見えない。結局写真を撮ることは出来なかった。そのまま檜原街道で五日市に出て青梅経由で帰宅。途中の小平霊園辺りの並木も綺麗に紅葉している。ここは交通が激しくて止めることが出来ない。またまた撮り損なった。
 成木 小河内ダム駐車場 檜原
今日は紅葉は十分楽しめたが写真に残すことが出来なかった、残念。本日の走行距離170km。
  1. 2007/12/02(日) 18:17:24|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0