キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

冬へ逆戻り 2010/03/28

 昨日は寒いがよい天気だった。BMW R65が4月車検なので田無のリトモ・セレーノに預けてきた。今年で30年になる。出来れば最新の出来るだけ軽いバイクが欲しいのだが、ここ迄長く乗ると腐れ縁とでもいうのか車検を取ることにした。壊れて動かなれば諦めもつくのだろうが気に入っているので仕方ない。旧ボクサーツインはシンプルで無駄がない、機能美とでも言うか見ていて飽がこない、R65のスタイルも気に入っている。感心するのは30年経ってもちゃんと動いているし、ツーリングで乗る分には全く問題ない。ボクサーツインは重心が低いので安定している。車重はどちらも200kgくらいで同じなのだがBuell M2では良く立ち転けするがR65で立ち転けしたことはない。それに作りがシンプルなので出先で何か起きても自分でなんとかして帰って来れる。もちろん最新のバイクにも乗ってみたいがこれ以上バイクを置く場所もないし金もない。それとコンピューター制御されているバイクと言うのも良いのか悪いのか、自分が運転しているのかコンピューターが動かしてくれているのか分からない。趣味の世界なので人それぞれだと思うが、あまり便利になってもつまらない様な気がする。BMW S1000RRとかDUCATI MULTISTRADA 1200Sが発表された。コンピューター制御されて1台で何通りかの走りが楽しめる魅力的なバイクだ。でも30年持ち続ける魅力があるか・・・、コンピューターは何年持つのだろうか、コンピューターは間違いなく壊れる。そして自分では直せない。コンピューターだけではないセンサー、ケーブルハーネスがおかしくなったら・・・バイクが自分ではいじれない乗るだけの乗り物になってしまうのかな。
 今日は朝から冬に戻った様に寒い。晴れたら出かけようと思っていたのだが、寒いと腰の調子も良くない。今日は大人しくしていることにした。


スポンサーサイト

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/03/28(日) 22:09:50|
  2. Motorcycie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝はまだ寒い 2010/03/22

 昨日は明け方から台風並みの暴風の音で目がさめた。玄関さきにバイクを止めてあり、近くに洗車用のタオルだの手袋だの腕カバーがあるのだが方々に散らばっていた。プラスチックの軽い植木鉢も散らばっている。凄いのは道を越えて2~30mも飛んでいた。いま迄台風でもこんなことはなかったし単純に突風が吹いたから飛ばされたという状況ではあり得ない状態になっていた。きっと風が舞っていたのだろう。日中も結構風が強いので家で大人しく先週の3G'sの月一ツーリングのホームページの仕上げをすることにした。風は南風で気温も相当高くなっているようだ。春が着実に進んでいる。近頃桜開花のニュールも聞こえるので花見でも出来ないかとネットで調べたが関東近郊ではまだ早い様である。
 今日、目を覚ますと昨日と打って変わって寒い。花見は無理だがどこか出かけようと思って目を覚ましたが寒くて布団から出られなくて結局遅い朝になってしまった。と言っても天気がいいのでちょっと出かけることにした。今週はBuell M2の出番だ。しかしBuell M2も寒いのかセルを回してもなかなかエンジンに火が入らない。4・・5回と回してやっとかかった。Buellは正直で暖かいと一発でかかる。行き先は越生の梅園、桜はまだ早いが梅は咲いている。もう遅いかとネットで調べたら梅祭りが~3/22となっていたのでまだ見れそうなので出かけた。行きは関越道で近く迄行くことにした。高速も風が冷たいのでスピードは抑えめに走る。練馬からは順調に流れていたが圏央道手前から渋滞が始っていた。東松山ICで関越道を降りて、越生梅園をナビにセットして向う。迷子になることはない。梅園に着いたが人はまばら、駐車場の整理員がいるが手持ち無沙汰の様だった。やはり見頃は過ぎてしまっている様だが折角きたので花が多いところを探して写真を撮った。
大きな木はもう見頃を過ぎていた 花は満開だがごちゃごちゃした感じです 枝から花が直接一つずつ出ているのが分かる

 梅もきれいなのだが桜には勝てない。何と言うか優雅さが足りないというか見た目の華やかさが決定的に違う。その差は何だろうか。桜も梅もおまけに桃もバラ目・バラ科・サクラ属なのだが花の付き方の違いが大きく影響しているようだ。梅は花柄(かへい)がないので、枝にくっつくように花が咲き、花芽が1節につき1個なので貧そな感じがする。それに対して桜は花柄がひじょうに長く、花芽が房状についているので、花数が多くとても華やで枝からこぼれんばかりに花が咲く。桃はその中間で花柄はあるがひじょうに短いので、枝に沿うように花が咲き、節の中央に葉芽があり、その両側に花芽が1個(つまり1節につき2個)なので、梅よりも華やかに見える。でも桜には勝てない。
次いでに花びらの違いも、梅は先が丸く、桃は先が尖っていて、桜は先が割れています。
 さて来週は桜の花見ができるかな。本日の走行距離112km。 
 

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/03/22(月) 21:39:46|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと春が来たみたい 2010/03/14

 今週末、やっと晴れた。今日はバイククラブ3G'sのツーリングで一っ走りしてきた。その前に昨日準備運動がてらR65で正丸まで行ってきた。9時半頃に家を出発する。寒くはなくどちらかと言うと暖かく感じていたが、飯能を過ぎて進むと道路脇に雪が残っていて温度も急に下がって空気もピリッと冷たく感じる。道路も雪解けの水で処どころウエット状態で油断は出来ない。正丸駅で温かい缶コーヒーを飲んで引き返して来た。丁度飯能で昼時になったので「ぬまうどん」で「きのこうどん」大盛りを食った。いつもは「肉うどん」なのだが初めて「きのこうどん」を食べたが基本出汁が一緒なので美味さには変わりない。どちらかと言うと「肉うどん」の方が美味しい。R65も調子は良くガソリンを満タンにして今日に備えた。
正丸駅に電車到着する 雪が残る正丸駅 ぬまうどんのきのこうどん(大盛りです)

 今日は7時半過ぎに家を出発、談合坂SAを目指す。中央道に入って走り始めると思ったより風は冷たい。談合坂SAに集合したメンバーは8名。まだ峠は危ないので安全な道を選んだ。勝沼で降りて遠くに真っ白なアルプスを見ながら県道を走って御坂みちに出た。河口湖にてそのまま河口湖に向う、河口湖、西湖湖畔を走ってR139に出て富士宮に向った。途中精進湖、本栖湖あたりの道路脇にはまだ相当量の雪が残っていた。風は冷たいが車は少ないので気持ち良く走れる。目的地は「むめさん」、お好み焼き屋さんです。ライダーには結構知れているお店で、バイクシーズンではいつも混んでいてなかなかバイクを止める気にならない。今日はまだシーズン前か時間も早めだったのでそんなに混んでいなかった。定番の「ミックス焼きそば」と「お好み焼きスペシャル」を注文する。2年前に食べたことがあるのだが前の方が美味しかった様に思う。と言っても美味いので全部食べてしまった。満腹!!
ミックス焼きそば 広島風お好み焼きのスペシャル

 帰りは忍野八海近くに試食させてくれるというそば、うどん販売店に寄りたいということになったが、でも早く帰りたいと言うことで来た道と引き返すことになった。流石お好み焼きで満腹なので試食はしなかったが買った人は試食の分だけおまけして貰ったようだ。そのまま近くの山中湖ICから高速に乗って本日のツーリングは終了。
 天気は良かったが雪解けの水で路面が濡れていたのでバイクが結構汚れていた。早く帰ってきたのでR65を水拭きしてあげた。次回もきっと調子良く走ってくれるだろう。
 昨日は113km、今日は331km、久しぶりだったので少し疲れたようだ。
 

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/03/14(日) 22:54:49|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイクが乗れない時はテレビと読書(龍馬と竜馬) 2010/03/07

 外は冷たい雨が降っている、バイクもカバーを被ったまま、今週もバイクに乗れない。バイクの鼓動が懐かしくなってきた。そろそろ風を切って走りたくなってきた。春はまだか・・・、週間天気予報をみたら来週末は晴れそうな感じ、期待しよう。
 ここのところ天気が悪く外へ出られない週末が続いているため自然テレビを見る機会が増える。普段は見ることの無いNHKの大河ドラマを土曜の再放送で見る機会があった。「龍馬伝」、坂本龍馬といえば司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」である。司馬遼太郎氏は自分も好きな作家で良く読んだ。「この国のかたち」などの随筆関連は殆ど読んでいると思うが歴史小説は読んでいない。理由は自分が歳をとって動けなくなったときの楽しみにとっておこうと考えたいるからだ。小説自体は読んでいないのだが随筆の中にも話は出てくるので何となく小説を読んだ気分になっている。司馬遼太郎氏は実際現地に出かけてとことん調べてた話なども随筆に良く書いている。
 今回の「龍馬伝」はオリジナルで岩崎弥太郎を通して描かれているらしい。今日までで気付いた大きな違いは今日の放送にもあった。「加代」の存在である。「竜馬がゆく」には登場しないが、司馬遼太郎氏の随筆には説明がある。恋人として存在したらしい、その手紙の紹介もある。「竜馬がゆく」ではその手紙は「田鶴さま」に宛てた手紙となっている。司馬さんがどう考えたかは分からないが、その辺が小説なのだろう。いろいろあって「竜馬がゆく」が読みたくなってついに「竜馬がゆく」の文庫本を買ってしまった。読み始めたらやっぱりハマってしまった。全八巻、いま八巻目の終盤になってしまっている。「竜馬がゆく」の竜馬は兎に角スケールの大きな人間でかっこいい、あくまでも英雄として描かれている。「龍馬伝」の龍馬とはちょっと違っている。「竜馬がゆく」にも岩崎弥太郎が登場するが幕末に活躍するでもなくそれほど重量な役割をしていない、そもそも竜馬とは弥太郎とは仲がわるかったらしい。従って弥太郎の目からみた「龍馬」と司馬さんの「竜馬」とは違ってもおかしくはない。どちらが史実に合っているかわ分からないが、「竜馬がゆく」の「竜馬」と「龍馬伝」の「龍馬」を比べながらテレビを見るのも面白い。
 司馬さんが「龍馬」ではなく「竜馬」としたのはやはり歴史書ではなく司馬さんの小説として描くためなのであろうと思う。それにしても「竜馬がゆく」は面白い。八巻ももう少しで終わり、竜馬は暗殺されてしまうのだろうが何とか助けたくなってきた。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/03/07(日) 21:46:11|
  2. coffee breake
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0