キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

一休み 2010/06/27

 梅雨も本格的になって天気予報にお日様マークはない。バイクも静かにしている。今週はブログに書く様なことはないのでお休みしようと思っていたのだが先日ブログに載せたカッティングシートの出来上がりの報告をしていないのに気付いたのでその後を報告します。
タンク ペガサスマーク 右サイド 左サイド
 タンクのペガサスマークは小さかったので直貼り、でも3次元曲面なので手こずった。1つは何とかなったがもう一つは失敗した。近くで見なければ分からないので取りあえずそのままとした。サイドは大きいので水貼りをした。その前に文字をベースの剥離紙からリタックシートの方に移すのがちょっと神経を使った。カッターの圧が強過ぎてベース迄切れていてリタックシートにベース紙までついて来る。慎重にベース紙を剥がし終わったら、数滴の中性洗剤をたらした水を霧吹きを使ってボデーとシールにタップリ吹きかけてシールを貼る。洗剤は水が弾かれるのを防いでくれる。かといって洗剤が多すぎると泡立ってしまってまずい。適当がいいのです。ボデーとシールの間に水があるのでシールを動かして位置修正が出来る。位置が決まったらスキージを滑らして水を抜く、ボデーが平面に近いのでそう苦労せずに貼れた。最後にリタックシートを剥がしてタオルで拭いて作業終了。ちょっと、いいんじゃないですか。
スポンサーサイト

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/06/27(日) 22:32:33|
  2. coffee breake
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「キャメラのカメラ」更新 2010/06/20

 今年も梅雨入りした。週間予報はずっと雨マークが並んでいたが週末は外れて雨は降っていない。と言っても雨のつもりだったので今週はツーリングフォトの整理をすることにした。毎年今頃バイクに乗れなくなるので今年撮った写真の整理をしてホームページの自分のコーナー「キャメラのカメラ」にアップするのである。
 勿論バイクに乗るのが好きで乗っている訳だがサーキットを走る訳ではなく(お金は掛けない。と言うよりありません)やっぱり自然の中を走るのが良いのである。当たり前ですが日本には四季があって折々の風景がある。冬は乗れないが春になれば花が咲き遠く山には雪が残っている風景の中を走り始める。雪を頂いた富士山と桜を見ると日本人で良かったと思う。桜と言うとソメイヨシノだが絵になるのはエドヒガン桜か、樹齢何百年を経た桜の前にいると昔の人もこの桜を見て花見をしていたかと面白く思う。桜が散ると新緑の季節、何とも言えない生き生きとしたいい色の若葉が茂る。山がキラキラして生きている様だ。
 今年の4-5月の週末は結構晴れてツーリングを楽しむことができた。かと言って良い写真がいっぱい撮れた訳ではないが整理するのに結構時間がかかってしまった。自分がそこに行っている証と言う訳ではないがフレームの中には必ずバイクを入れている。必ずしもベストなアングルで撮れないが結構苦労して撮っているのです。そんな自分の姿を思いだしながら写真の整理をした。「'10 お花見」と「'10 新緑」に分けて3G'sのホームページの「キャメラのカメラ」にアップしたので良かったらご覧ください。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/06/20(日) 16:00:47|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨入り前の駆け込みツーリング 2010/06/12

 今週は先週の3G'sの新潟・福島のツーリングのフォト・アルバムをホームページにアップする予定で昨日も頑張ってやっていた。平日会社から帰って少しずつやっているのだがやはり週末を使わないとまとめられない。起きると窓の外は良い天気、明日から崩れるという、梅雨入りしてしまうかもしれないというのでBMW R65にオイルを回して上げなければと思い出かけてしまった。今週のらないと1ヶ月乗らないことになってしまう。昔梅雨で一月以上乗れなかったときクラッチが張り付いてしまったことがあったので、長期間ならないことは避けたいという思いがある。
 BMW R65なのでのんびり走れれば良い。高速道は止めて下道でいけるところということで秩父方面を目指して出発した。土曜日は車が混んでいて郊外にでるのに時間がかかってしまうので避けているのだが明日から暫く乗れなくなるかもしれないので時間を見ながらコースを考えれば良いかと兎に角出発した。8時過ぎに出たのだが案の定スタートで川越街道を10km進むのに30分かかってしまった。秩父からそのままR299で進んで志賀坂峠に向った。飯能、秩父の里山の緑は濃くなっている。そろそろ若葉の季節も終わりに近づいてきた様だ。
 昼は秩父で蕎麦を食べるつもりでいたのでまた戻ってくる予定だ。志賀坂峠を上ってトンネルに入る前に林道がある。中津川に抜けることを思い出して林道に入った。道路は荒れていて落石が転がっている。のんびり走る。対向車も全くこない。八丁峠に駐車場があった。車が十台以上止まっている。山菜採りか両神山の登山にきているのだろう。
IMG_20100612_c.jpg 八丁峠からの眺め1 八丁峠からの眺め2
八丁隧道入口 八丁隧道出口 向うの光が入口真っ暗な「八丁隧道」に入る。一瞬なにも見えなくなる。遠くに小さい光が見える。出口だ、出口を見指して進むと次第に目が慣れて来て少しは分かる様になってきた。路面が濡れている。また汚れてしまうのか、今日は晴れているので想定外である。トンネルを抜けて峠を越えて下って行くと鉱山の施設がある。最初に集合住居の廃虚があったので閉鎖されていると思ったが人の気配や従業員らしき人が運転する車とすれ違ったのでまだ活動しているようだ。
中津川の新緑にモミジ 秋は見事に紅葉する 大滝大橋と滝沢ダム 林道を終え中津川にでる。途端に良い道になって快適に走れる。やっぱり良い道に越したことはない。まだ若葉が残っている。秋の紅葉で紅になるモミジが鮮やかな緑で新鮮だった。中津川からR140に出て秩父方面に戻る。観光の季節でないので車も少なく快適だ。R140沿いにも蕎麦屋さんはあるがいつも混んでいてるお店を思い出し、途中から小鹿野に抜ける県道に入った。道路に案内が出ているので直ぐ分かった。お店は「そば福」さん、かなり昔に食べたことがあって美味かったので何回か来たのだがいつもお店の外に多数待っているので止めていた。今日は外に待っている人がいなかったのでお店に入れた。お店は狭く座敷に4テーブルがあるだけで既に満席だった。カウンターが開いていたので座らせてもらった。
ご主人はひたすら天ぷらを揚げる 奥さんは見計らってサッと蕎麦を茹でるご主人は天ぷらを揚げ続けている。天ぷらが人気なのだろうか、先客は皆さん天ぷら蕎麦を注文されている様だ。兎に角、天ぷらは時間がかかる。天ぷらも美味そうだったが、蕎麦を味わうには天ぷらは要らない。迷わずくるみの大ざるを頼む。自分は天ぷらを頼まなかったが先客が頼んでいるので結局時間はかかってしまった。でも主人の働きを見ていると退屈しない。ご主人の天ぷらに合わせて奥さんが蕎麦を用意するのだが、蕎麦は30秒も茹でていない。湯に蕎麦をほぐしながら入れてかき混ぜて緒っとみて直ぐに上げて水洗い。ざるですくって氷水にさっといれて水を切って出来上がり。アッと言う間に出来てしまう。様は待っているのは天ぷらを揚げている時間なのだ。
くりみ大ざる 美味かった 小鹿野そば処「そば福」さんご主人が気を使ってくれたのか近くで見ていられると邪魔なのか自分のくりみ大ざるを間に入れてくれた。と言っても天ぷらを揚げている待ち時間で出来てしまうので先客の邪魔をした訳ではない。くるみ大ざるは予想以上に美味かった。くりみ汁は秩父の「やなぎや」さんが美味いと思っていたが良い勝負をしている。蕎麦も美味い。大盛りは二人前、美味しいのでたっぷり食べられるのが嬉しい。満足して店をでたが、結局先客より先に店をでた。自分が入ってから出る迄四組のお客さんが来たがずっと外でまっている。自分は店を出たがカウンターだったので多分店には入れてもらえないだろう。
 そのまま小鹿野に出て、来た道R299に戻って家路についた。秩父から飯能は信号がないので流れはしているのだが車が多いので途中から名栗にぬけて飯能にでた帰宅して汚れた下回りをサッと洗車して終了。本日の走行距離250km、燃費は19.4km/l。R65も上手く走れば20km/lいけるかもしれない。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/06/12(土) 23:51:59|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新潟・福島 新緑ツーリング 2010/06/06

今回参加の3G'sメンバー 6/5-6で梅雨入り前の3G's恒例の一泊ツーリングに行って来た。関越道を六日町ICで下り、八箇峠向うとしたらBuell M2の調子がおかしい、登りコーナーを曲がろうとしたが思った様に動いてくれない。どうもクラッチが滑っている様だ。もう8万kmも走っていればおかしくなってもしょうがない。ただスタートしたばかりのツーリングのこの先が2日間が不安になった。が結局クラッチレバーの遊びが無くなっていた。前にも一回あった。見延山に登る急坂で渋滞には回転を上げきみにして半クラで発進したのだがその後おかしくなったことがある。そのときは明らかにクラッチの切れに以上があったので直ぐに分かったが、今回は微妙で繋がっているのだがパワーをかけると滑る感じで、クラッチの遊びに気がつかなかった(MRCクラッチを入れてあるのでクラッチがとても軽いのです)。遊びを調整したら良くなった。しかしやっぱりちょっと変な感じが残っている。アクセルを吹かしてもタイムラグが出る。前からレスポンスが良い訳ではないが他にバイクが加速するとき、着いて行けない。エンジン自体のパワーダウンもあるし、今回滑りを体験したのでそれらしくとも思ってしまう。前からこんな感じだったと言えばそうなのかもしれないが今度また遊びの調整をしてみよう。
奇麗に盛られたへぎそば 六日町からR253で西へ十日町を通り過ぎて、R403で北へ、七日町からR291で西から回り込む様にして小千谷に入った。ここで昼食、「わたや本店」で名物「へぎそば」を頂いた。「へぎ」という四角い板の器に盛ってあるので「へぎそば」と言われるのだが、そばとしては繋ぎに「布海苔」を使っているそばを「へぎそば」と言うのです。布海苔をつなぎにしているのでつるつるした食感がある。面白いのは薬味に刻みねぎと「ワサビ」と一緒に「からし」が付いてきたこと。昔はこの地方で「ワサビ」が無かったため「からし」を使っていたときの名残らしい。
今回の宿「季の郷 湯ら里」と緑の山、青い空、白い雲 「へぎそば」でお腹を満タンにして、いよいよ本格的新緑ツーリングのスタート。小千谷から県道24号で山古志をへて栃尾に抜けた。地震の後で整備された道は快適に走れた。栃尾からR290でR49に繋ぐ、新潟の田舎を快適に走った。やっぱり空気が美味い。R49は阿賀野川を走るこれまた快適なルートで本当に河沿いを走れる。河沿いの新緑も良いが紅葉はもっと良いであろう。R49で新潟から福島に入り、西会津からR400で只見に向った。R400からR252へ、今度は只見川に沿って走る。どの道路も貸し切り状態で走れる。信号もなく田舎はいいのです。只見からでR289に折れ少し走って今回の宿の「湯ら里」に到着して1日目は終了。雨雲を追っかけて走って来たが幸い追いつくこと無く終点は晴天で無事450kmを走った。
六十六峠越開通記念碑六十六里越峠 遠くの山には残雪が 2日目は晴天、R252に戻って六十里越えで新潟に入った。入広瀬を過ぎた辺りで脇道の県道に入りR252と並走する様に走り、石打からR17に出て、三国峠を越えた。このルートもほぼ貸し切り状態で走りを満喫できた。峠を降りたところの「たくみの里」で野ぼとけ蕎麦の「やまいち屋」で昼食をとった。石挽きそばとあったが蕎麦の味がちゃんとしていた。後は月夜野ICから関越道に乗り2日間のツーリングは無事終了した。走行距離766km、燃費22.4km/l
でした。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/06/07(月) 00:14:18|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0