キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

恒例サマーツーリング 2011/8/29

 8/27ー28の土日でバイククラブ3G's恒例のサマーツーリングに行って来た。朝は霧雨でカッパを来て出発、中央道を西に進む。だんだん空が明るくなって来て青空が見えて来たので諏訪湖SAでカッパを脱いだ。松本ICで高速を下りてR158で安房峠に向う、天気も問題無い様なので旧道で峠を越えて平湯に下りた。色の違うそばが韃靼そば山之村キャンプ場 朝顔の駅平湯からR471で神岡に向かい今回の目的の有峰林道を目指す。R471から折れて有峰林道に入るまでの道がまた良い道で楽しめた。途中の山之村キャンプ場の食堂「夕顔の駅」で昼食を頂いく、メニューは山之村定食で蕎麦は更級そばと韃靼そばの二種盛り、ご飯のおかずは名物の寒干だいこんに揚げなす、大福豆の甘煮、きゃらぶき、瓜の漬物で美味しく頂いた。
有峰湖にて称名滝にて 落差日本一泥だらけのBuell 昼食の後は有峰林道東谷線のワインディングを楽しみながら有明湖畔を走り有峰ダム、記念館に寄って有料(300円)の有峰林道小見線で下った。有料道路の方が道が悪く、途中の工事中ダートと濡れたトンネルを走ってバイクが泥だらけになってしまった。下りてから寄り道で落差日本一の「称名滝」に行ってマイナスイオンをたっぷり浴びた。だた滝までの徒歩30分が上りで辛かった。ツーリングの途中でこんなに歩いたの久しぶりだった。間違いなく筋肉痛になりそうだ。
編笠が色っぽいでしたおわらの踊り教室 滝を後にして本日の宿、宇奈月温泉の「桃源」に向った。宿は屋根付きの駐車場あり助かった。温泉に入り、夕食を頂いた後お祭りがあると言うので街へ出た。お祭りでなく「越中八尾のおわら風の盆」で有名なおわらの宇奈月版と言う事らしい。広場でおわらの踊り方を教えていた。盆踊りとはちょっと違う感じで「おわら節」の歌声が体に染み込んで来る様で日本人であることを感じた。また編笠をあぶった踊り手が色っぽく着物きて踊る姿が妖艶だった。踊りは少し難しそうだったので踊りには入らず宿に帰った。案の定、称名滝で歩いた疲労か足の脛側の筋肉が吊った感じになって辛かった。多分下りで通常使わない筋肉を使った為だろう。
日本海 親不知ビアパークにて天ぷら蕎麦サービスのそば団子戸隠 しなの屋 分かり辛い場所だが2回でゆっくり頂けます二日目は快晴でR8で日本海沿いを走り親不知を越えて糸魚川からR148で姫川沿いを走り白馬に向った。白馬で昼飯の予定だったが時間が早かったので戸隠で蕎麦を食べる事にしてR406から県道36で戸隠に入って戸隠そばを頂いた。
  後は帰るだけ長野市を抜けて県道35で地蔵峠を越えて東部湯の丸ICから上信越道で帰路に着く筈だったが地蔵峠を上り始めたところで遂にBuellのクラッチが機能を果たさなくなった。ずっと騙しだまし乗っていたのだが全く空回りででバイクを進めることが出来なくなった。こういう時は諦めが肝心、バイクをGSに預かってもらい新幹線で帰ってきた。走行距離は1日目は450kmくらい、2日目はメータを控えるのを忘れたので不明。あと2000km強で10万kmになるのだが残念だ。
スポンサーサイト

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/08/29(月) 21:59:46|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏一休み 2011/8/21

 8月中旬というのに秋雨前線が横たわって今週は家の中で大人しく少し肌寒い休日を送った。帰省ツーリングを終えたばかりで、田舎で美味い大吟醸を飲み過ぎて少し体調不良になったこともあり良い休日になった。昨日の土曜日は急に気温が低くなったせいか体調がおかしくなったが、夜はぐっすり眠れて今日は戻った様だ。このままこの様な天気が続くのも困る。今度の土日はバイククラブ3G'sのサマーツーリングの予定なのです。暑すぎるも困るがサマーツーリングなので夏らしい青空がないと困る。太平洋高気圧よ、もう少し頑張ってください。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/08/21(日) 20:07:45|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の夏は新発田のお酒でした。 2011/8/16

王紋と菊水純米大吟醸 帰省の楽しみの大吟醸、今回は新発田の「王紋」と「菊水」を頂いた。王紋は市島酒造が全国新酒鑑評会にて五年連続で金賞を受賞した受賞酒で新潟産酒米「越淡麗」を40%精米して長期低温醗酵させたお酒でフルーティーで口当たりが良く滑らかに喉に入って来る。菊水は菊水酒造で以前(2009年夏)「節五郎源流」という大吟醸を頂いた事があるが今回は純米大吟醸を頂いた。前の「節五郎源流」もそうだったが「王紋」と同じフルーティな米の上品な甘さが味わえる。菊水純米大吟醸は蔵名の冠になっている酒米「菊水」を使って50%精米しているとのこと。
 酒米の全国区といえば兵庫産「山田錦」となる。新潟県でも山田錦を使った名酒が数々あるが地元新潟が頑張って作った酒米が「五百万石」でフルーティーな香りを醸しだすそうです。その親にあたるのが「菊水」だそうです。大吟醸は高度精米をしなければならない訳ですが「五百万石」は粒が小さいため高度精米すると砕けてしまうそうで、「山田錦」は粒が大きいので35%まででも精米できてしまう。と言う事で再度新潟で長い年月を費やして作り出されたのが「越淡麗」となります。山田錦と五百万石から交配され、双方の良いとこ取りと言う事らしいです。酒米も調べると面白です。
2011/08/16夏の大吟醸 勿論、他にも大吟醸を頂いた。定番に成りつつある「洗心」と「越乃寒梅」それに今回はちょっとの「〆張鶴金ラベル」。前回い頂いた佐渡の大吟醸も〆張鶴を代表?とするフルーティー系だったが「越乃寒梅」はそれとは違う淡麗系と言えるか、スッキリしてスッーと喉に入ってくる。これと同じなのが「八海山」だ。これらは山田錦を使っている。「洗心」は酒米「高嶺錦」の純米大吟醸で爽やかな口当たりで自分が好きなお酒です。


追記
 今回はいつもより少し多めの人数で飲んだせいかペースが早く量も少し行き過ぎて二日酔いになってしまった。いいお酒は自分のペースで酒の肴を頂きながら味わって飲むのがいいのです。気を付けましょう。でも頭が痛くなるとか気持ちが悪いとかにはならないのが確認できました。ただ酔いが残っているのでした。

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/08/16(火) 22:57:29|
  2. coffee breake
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰省ツーリング 2011/8/16

 もう何年も帰省ツーリングを続けている。田舎が動く訳が無いでルート選びが大変だ。田舎は新潟県の片田舎だか大きく群馬、長野方面から入るルートと福島から入るルートに分かれる。今年は先日の大雨で新潟の魚沼とか福島から行く阿賀野川沿いの道路がやられている様だったので行きは遠回りして山形からR113で新潟に入る事にして出発した。
 行きは13日で高速が渋滞することは覚悟して外環から東北道に入った。当初渋滞はなくシムーズに流れていた。但し案内板には70キロ渋滞が表示されている。渋滞が始まったが断続的な渋滞でしかもきちっと並んでいるので擦り抜けもやり易い。先日替えたメガネも影響している様だ結構先迄見えるので擦り抜けするにも楽だった。福島から山形へ断続渋滞は延々続いていて磐越道に入ってやっと渋滞から解放された。常磐道に入って直ぐに猪苗代磐梯高原ICで高速道を下りてR115~R459~西吾妻スカイバレーで米沢に出てR287からR113に入った。途中米沢の街中で少し混雑していたが後は小高速道より速く走れたのではないかと思う。R113も同様で高速並みに流れていた。山形から新潟へ途中道の駅で休もうとしたらパラパラ雨が当たって来た。行く方の空は明るいので即出発して何とか逃げ切ったがR113からR290に入ったらザッーと降り出して来た。通り雨とは分かっているがこのままではずぶ濡れになってしまうので仕方なくカッパをきることにした。案の定雨は上がったがカッパを乾かすにそのまま新発田の手前迄青空の中、カッパを来て走った。新発田からもそのままR290で田舎に向った。途中蕎麦屋を探したが田舎道なのでそれらしきお店は無い。小千谷では無いですがへぎ蕎麦です 少し緑色してますやっと見つけた蕎麦屋さんは待ち時間40~50分ということで諦めて次の探してやっとのことで蕎麦にありつけた。蕎麦はへぎ蕎麦、へぎ蕎麦と言えば小千谷のものかと思っていたがそうでもないらしい。確かに蕎麦の繋ぎに布海苔を使えばへぎ蕎麦に違いはない。特長である滑らかさはあり喉越しは良かった。往路474.1km、燃費20.6km/lで5時半に出て3時前に到着した。休み時間を入れてほぼ50km/hだった。
 往路はそのままR290で南下、R252~R291を走り塩沢からR17で三国トンネルを越えた。途中気温が低くなりトンネルで寒くなってメッシュジャケットにインナーを付けて三国トンネルと通って三国峠Tsまで下ってインナーを外した。そのままR17走ってみることにして進んだ。混雑もなくスムーズに流れていた。このへんのR17を走るのは久しぶりでバイパスも出来ていて自分のナビには道路が登録されてなく、ナビを見ていると道に無いところを走っていた。どういうルートで帰ろかと考えていたら熊谷の美味しい蕎麦屋の情報を思い出した。ナビに場所を入れて置いたのでセットしてナビに任せて行く事にした。前橋からR50に進んでまたR17に入った。R17と言えば中山道と思っていたが上武道路もR17なのであった。高速道並に流れていた。走りながらもしかして蕎麦屋さんが盆休みになっているのではと思いつつ走って、ナビに導かれてお目当ての蕎麦屋に着いたら「16日から18日までお休みします」と張り紙があった。想定はしていたもののドッと疲れが出て花園ICから関越道に上がって一気に帰って来た。関越道は全く渋滞はなくスムースに帰って来れた。往路は327.3km、20.2km/lでした。平均時速は42km/hくらいでした。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/08/16(火) 18:53:35|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりのBuell M2 2011/8/7

 気がつけばBuell M2も1ヶ月お休みしている。あまり長く休んでいると体に悪いので何とか動かしてあげたいが夏だというのにおかしな天気が続いている。昨日は不安定な感じだったので止めた。今日もカラッとした夏空とは行かなかったが昼間は持ちそうだった出かけて来た。一月前は秩父の蕎麦屋「こいけ」で美味しい蕎麦をいただいたが実は別の蕎麦屋さんに行く予定だった。今日はそのお店に行こうかと8時に家を出た。蕎麦屋さんは「石橋庵」といって秩父と言っても皆野に近いところにあるらしい、開店の11時半までは時間があるので志賀坂峠超えて土坂峠から戻ってくることにした。ちょっと分かり辛かったがナビにセットしておいたので迷子になることなしでつけた。小じんまりした新しいお店の様で綺麗でした。メニューもシンプルで冷たいお蕎麦は「田舎せいろ」だけだったので迷わず注文する。600円プラス大盛200円もいい感じ。田舎と言うとだいたいは太めなのだがここの田舎は細切りで普通のせいろと変わらない。蕎麦もまあまあいける。前回のこいけに比べるとそばの味かおりとももう少しだが十分美味しく頂けた。
石橋庵 おしながき 田舎せいろ

 山は雨が降ったのだろうか峠も日陰は路面が濡れていた。志賀坂峠、土坂峠ともトンネルなのだがどちらも濡れていて気がつけば泥だらけになっていた。家に3時前に着いて少し休んでバイクを洗い始めたら雨が降り出した。通り雨かと思って少しまっていたら段々本格的に降り出した。結局バイクを洗えないまま雨の弱まるのを待ってバイクをしまった。本日の走行距離254km、燃費20.24km/lでした。
志賀坂トンネル土坂トンネル 泥だらけ前泥だらけ後

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/08/07(日) 22:08:10|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0