キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

相棒決定! 2011/9/25

 病み上がりという事で今週は大人しくしていた。と言っても開腹手術ではないので体への負担は殆どなく退院後は普通に生活している。Buell M2がダウンしたタイミングに合わせる様にして日本発売開始した空冷ツインのDucati Monster 1100evoに出会いを感じて次期相棒に決めた。この3連休を利用して取り合えずBuell M2からETC、電源、無線のPPTスイッチを外してもらい1100EVOに取付ける段取りをして来た。1100EVOには全くといってもいい程スペースがない。以前の1100にあったETCの取付けスペースにはDTC(ドゥカティトラクションコントロール)のユニットが有ってETCを付ける場所がない。いろいろ工夫をする必要が有りそうだ。
 Buell M2は今はHD東村山で厄介になっていたが元はモト・ギャルソンが本家なのだ。モト・ギャルソン杉並がDucati専門になってからHD東村山に移った訳で両店は同じ会社なので事はスムーヅに進められる。お店の方とも10年来の付き合いなので気遣いなく話せるのもいい。ETCや電源の取り付けの設置など最低限の準備をお願いしてきた。Monster 1100EVOには最新機能が揃っているので手を入れるところはない、後は納車を待って走り出すだけだ。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2011/09/25(日) 21:12:33|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日退院 2011/9/19

 Buell M2のクラッチがダメになったが自分の体もガタが来て15日に入院して手術をして今日退院した。病名は尿路結石、長期間気付かなかった為、石が大きくなってしまったらしい。いつもの結石の痛みが出て会社の診療所に痛み止めを貰いにいったところ念のためエコー検査をしてくれて異常があるとのことで病院で検査を受けた。CTスキャンで大きな尿路結石を確認できた(全く自覚症状はなかった)。その為に重度の水腎症になっていた。まずは結石を取り除くことが先決ということでTUL(経尿道的尿管砕石術)で手術をする事になった。尿路結石の処置方法では体外衝撃波腎尿管結石破砕術という体外で発生させた衝撃波を結石に当てて砕く方法は知っていたが結石が大きく長期間経っていて尿管に癒着している可能性もあってTULで手術を行なう事になった。
 TULは全身麻酔をして尿道から内視鏡を入れ尿管に進めて直接結石をレーザーで破壊するというもの。状態を見ながら破壊するので確実だ。実際自分の場合も結石が尿管に癒着していて剥がす様にして除去したと言っていた。
 自分にとっては全て初めての経験、前日21時から飲食禁止、胃のものが気管に入って肺炎を引き起こすのを防ぐためだ。当日朝から水分補給の点滴開始して手術少し前に浣腸して腸内も空にする。グリセリン液120ccを肛門から注入して3分間我慢するというのが辛かった。いよいよ手術、暫くは動けないなるのでエコノミー症候群(急性肺動脈血栓塞栓症)を防ぐためにパンパンにキツい靴下をはかせれ手術着に着替えて手術室に入る。手術室は正にテレビで見ると同じだった。手術台に横になると何か掛けられてアッと言う間に手術着がとられる。簡単に脱がされる様になっている。手術台は暖かくなっていて心地良い。手早く心電図の装置、定期的に血圧を測る装置、指に心肺の状態を計る装置が付けられ点滴が麻酔剤に替えられと直ぐに体に入ってくるのが分かる、と同時に意識が無くなった。気がつくと手術は終了していてストレッチャーの上で手術着を来ていた。意識が戻ったこと確認されると病室に戻りベットに移された。手術開始が午後1時半、戻って来たのが4時だった。麻酔が切れて感覚が戻っている。酸素マスクが付けられ尿道に管が入っている。辛い、尿道の管は小水を出す為に入っているのだが凄い違和感があって辛いのだ。小水が出そうで出せないという感じというか我慢できない。看護士に助けを求めると座薬2個が肛門からぶち込まれた。でも効きだすまでの暫くの間は本当に辛かった。座薬が効いて少し楽になると今度は腰が辛くなってきた。術後2時間は寝返りもさせてもらえない。これもまた辛い。時間が経つのを待つしかない様だ。やっと2時間が過ぎて酸素マスクを外して体を傾けることができた。でも自分の腰でない様で動かない。手で腰の向き替えて上げないと動かない状態だ。この一晩は起き上がる事は禁止で翌朝迄寝たまま、腰が痛くてとても眠れる状況ではない。痛くなる度に手で腰の位置を替えて一晩を過ごした。翌朝朝食を取るときにベッドを起こして座った体勢にしてもらった時は助かった思いだった。医師の回診があって小水の管が外され体を起こす事が許された。後は点滴が入っているだけだ。点滴はぶら下げて動ける事が出来る。朝食は食ったばかりで便が出る訳ないのだが便意があったのでトイレに行く。出たのはグリセリン液の残りか座薬の残骸か。同時に小便が出たのだがそれと同時に結石の残骸がでたのか刺す様な痛みを感じたと同時に血が尿道から出て来た。尿道が切れたのかもしれない。これから暫く小便をする時に痛みが走ることになった。午後から抗生剤の点滴が終わって点滴の針を抜く事ができ体に付いていたものが無くなった。とは言っても尿管にステント管が入っている。結石が癒着していたところが腫れたして尿管を塞ぐ恐れがあるため尿路を確保するのが目的で1ヶ月間は入れて取り除くとのこと。外来で取り除くと言っていたがどうやって取り出すのだろう?深く考えるのはよそう。
 念のため様子見で一日病院で過ごして発熱もなく大丈夫だという事で今日退院できた。小便は明らかに血尿なのだが癒着していた結石を無理に剥がしたので尿管が痛んでいて暫くは続くとのこと、これで貧血になることはないので心配ないと医者がいっていたので信用するしかない。でも開腹手術でないので患者への負担が軽く直ぐに退院出来るのは医療の進歩しかいえない。いろいろ経験させてもらった4泊5日の入院生活が終わった。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2011/09/19(月) 17:12:28|
  2. coffee breake
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

97835km in 10 years 2011/9/11

97835kmのBuell M2のメーター 8月28日ツーリングの途中でクラッチが滑って走行不能になり長野に置いてきたBuell M2が先週バイク屋さんに引き上げられたので今日行って来た。確認し忘れた走行距離は97835kmだった。あと2165kmで10万mと言うところだったもう少し頑張ってくれたらと残念に思う。クラッチを修理すればまだ走れると思うがエンジンから可成りの音が出ているので先を考えて修理するのは止めた。これで最後かBuell M2Buellが存続しているのならOH整備して乗ろうかとも思うのだがメーカー自体がないのでしょうがない。バイクとしては味があって乗っていて楽しいバイクだった。
 BMW R65があるので一人で気ままに走るバイクライフは楽しめるのだが元気に走りを楽しむには少し物足りないしバイククラブのツーリングにはついていけない。そろそろ体もガタが出てきたので大人しくしても良いのだがもう少し遊びたいので走れるバイクが欲しい。こだわりと言う訳ではないが自分のバイクのイメージは空冷二気筒か単気筒、シンプル・イズ・ベストというか単純な作りが好きだ。そして軽いこと、Buell M2、BMW R65も乾燥重量はほぼ200kg、以前はそれほどでもなかったが最近重く感じる様になった。空冷ツインと言うと国産ではKawasaki W800位しか無い、バーチカルツインはYAMAHA TX650に乗っていたのでもういいと言う感じ。外車ではDUCATI、BMW、MOTO GUZZIが思い浮ぶ。GUZZIの1200 SPORT 4V は重過ぎて(240kg)高い( 160万円)、BMWのR1200Rは今と同じくらい(198kg)で149.9万円だが、BUELL M2を買う時も候補にして試乗してみたが走るも止まるもあまりにもスムーズ過ぎて面白くなかった。R65の方が水平対向のボクサーツインをよっぽど楽しめる。となるとDUCATIのモンスターか、デスモドロミック・エンジンも一度は乗ってみたい。昔と違って壊れないらしい。初めは796が良いかと思っていたら1100EVOが9月中旬に日本発売になるとのこと。169kgはなんと言っても軽いし139万円とお値段も他から比べれ安い。これかな!!

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/09/11(日) 20:43:58|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ホームページ作り 2011/9/4

 先週バイククラブ3G'sのサーマーツーリングに行って来たので今週はそのツーリングアルバムをホームページにアップしなければならない。締め切りがある訳ではないが楽しみにしているメンバーもいるであろうから一週間くらいでアップしたい。そう言う意味では今週は台風の影響で天気も悪く出かけることもなくホームページ作りに専念出来た。文才が無いのでレポートに時間がかかるし苦痛だ。写真の編集も時間はかかるが苦にはならない。今回ツーリングの後半でリタイアしたので一部レポートを書いてもらった。レポートは書いてもらうと言う手もありだ。そんなこんなで今回もなんとかアップできた。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/09/04(日) 17:56:49|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0