キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

今日は熱いコヒーが美味い  2013/8/25

 今日は朝から雨模様だ、今迄の暑さは何処へ行ってしまったのか。暑い日が続くかと思っていた。今(昼時です)の部屋の温度計は26℃位だ。朝は久しぶりに冷蔵庫からコーヒー豆(モカブレンド)を出して引いてコーヒーを入れて飲んだ。熱いコーヒーが美味い。部屋にはいつでも水分補給が出来る様にアクエリアスの2リットルボトルを置いてあるが今日は出番がない。
 暦の上では立秋を過ぎて一昨日が処暑だった。真夏の炎天下でのバイクは控えて来たがそろそろ乗りたい気分だが例年はまだまだきびしい残暑が続く筈。次の週末にバイククラブ3G’sのサマーツーリングが控えているので少しでも快適に走りたい思う。今は吸汗速乾素材のインナーウエアーがあるので欲しいのだがちょっと高いので我慢だ。ちょっと高いおもちゃ(カメラ)を買ってしまったので先立つ物が無い。今な感じですCCT冷感タオルですそこで目に付けたのがネットの広告で見つけた冷感タオルだ。自分は汗をかくこと自体はそれほど苦にならないがだた暑くて頭がボーっとなるのはなんとかしたい。首筋だけでもひんやりすれば少しは違うだろう。そこで早速ネットで探して購入した。可成り安価なものもあったがかぶれとかの問題も出ている様なので信頼のあるものを選んで買った。昨日届いたが今日がこんな天気なので試せないないが効果を期待しよう。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2013/08/25(日) 14:44:29|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰省の楽しみ、大吟醸の飲みくらべ! 2013/8/17

大吟醸 揃い踏み今回の大吟醸 外箱

毎度、帰省の楽しみの大吟醸の飲みくらべ。今回も前々回、前回と引き続き長岡の酒蔵の大吟醸を頂いた。
右から

《越後 雪紅梅》 長谷川酒造
米は高嶺錦 精米度50%
香りは良いと言うか今人気のフルーティーな感じだ。口に入れた段階では予想通りで良かったが後に残る後味が今一だった。

《和楽互尊》 池浦酒造
米は超淡麗 精米度40%
口に入れた段階でちょっと違う感じ、見たらラベルに無濾過生原酒の限定品とある。好き嫌いはあるが飲みくらべの対象ではなかったか。清酒は最後に濾過、火入れを二回繰り返して出来るのだがこの工程を経ていないと言うことになる。清酒の様に澄んでいるのは上澄みだけを汲んでいるからで限定品には違いないが火を入れてないので発酵し続けている筈だ。と言うことは味も変わるので出荷、即飲むと言うのが良いのだろう。折角の大吟醸なのだから手間をかけた清酒を頂きたかった。(和楽互尊の大吟醸の清酒は勿論あります)

《大吟醸 槽しぼり》お福酒造
米は山田錦 精米度40%
今回の新顔では合格品だ。自分好みの系統、淡麗辛口の分類だ。ただちょっと後味のすっきり感が足りないか。美味い肴を頂きながら頂く日本酒は「水の如くさわりなく」であって欲しい。

今回の飲みくらべて分かったのは精米度だ。精米度50%以下に磨き込んだのが大吟醸だがこの精米度が後味に影響している様だ。今回の新顔3種は精米度50〜40%とギリギリの大吟醸だった。後に控えている定番の”洗心”の精米度は28%、”越乃寒梅”は30%だ。この違いが後味の雑味と言うかスッキリ感に繋がっている様に思う。

後は飲み比べでは定番と言うか別格の”洗心”と”越乃寒梅”だ。これがあれば最後は安心して飲めると言う訳だ。と言いたいのだが洗心がここのところ変だ。前回もちょっと違ったが今回もいつもの洗心ではなかった。決して不味くはないのだがいつもの洗心ではない。朝日酒造さんなんとかしてよ!自分も日本酒の話になると「洗心を飲んでみろ」と日頃いっているので困ってしまうのです。
洗心は年3回(3月、6月、11月)発売される。毎回同じ様に作るのは難しいのかもしれませんがそこが杜氏の腕の見せ所でしょ。出来は杜氏さんなら分かっている筈なので失敗したら販売しないくらいの意地は持って欲しいですよね。

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

  1. 2013/08/17(土) 11:42:58|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰省ツーリング 2013/8/16

 お盆のお墓参りを兼ねた恒例帰省ツーリング、今年は、と言っても毎年走っているので目新しいルートはないが行きは福島回りで行くことにした。13日の朝、前日夕方から夜にかけて凄い雨が降って明け方も雨の音がしていた。朝5時に起床すると雨は上がっていたが路面は濡れていた。6時に出発、暑くなるよりはいいが東北道に入っても路面は雨が降った後だった。曇り空だが遠くの山並みが見えるので雨の心配はなさそうだ。昨日迄の暑さが嘘の様に快適に走れた。青空も欲しいがあの暑さよりはいい。
 東北道から磐越道に入って直ぐの磐梯熱海ICで下りて安達太良山を眺めながら高原に上がり桧原湖に出て喜多方に向った。福島県→新潟県県境 阿賀野川福島県側の阿賀野川 ボート練習場道路の温度表示は22℃で少し肌寒いくらいだ。いつもならそのままR459で津川まで走るのだが地図を見てたら阿賀野川が目に入ったので今回はR459を外れて阿賀野川沿いを走ることにした。県道を乗り継いで走ったが地図では川沿いを走っている様に見えたが実際は川から離れているので川を見ながら走ると言う訳には行かなかったが幾分涼しく感じた。
道の駅阿賀の里 仙人坊の十割そば 津川からR49で田舎に向う途中でちょうど昼時だったので道の駅阿賀の里にあるそば処仙人坊で蕎麦を頂いた。何回か食べたがこの辺では美味い蕎麦だ。十割蕎麦で山都産そば粉を100%使っているらしい、細麺でしっかりとしたコシがあり美味い。(山都は水そばで有名な宮古そばの集落がある今は喜多方市の旧山都町のこと)
 ここでアクシデントが発覚、蕎麦代を払おうとしたら財布が無い。財布を出したのは東北道安積SAで給油した時だ。お店の人に事情を説明している最中に携帯に連絡があり財布が津川警察署に届けられているとのこと。なぜ津川警察署?この辺で財布は出していないのに。即Uターンして警察で状況を聞いたら県境に近いトンネルの中でライダーが拾ってくれたことだった。考えられるのは給油したとき財布をポケットに入れたのだがしっかり入ってなくで乗ってる最中に落ちたとしか思い付かない。でも本当に助かった。
 お盆を田舎で過ごして今日16日に帰って来た。朝6時半過ぎに出発、暑くなる前に帰りたいが高速を走ってもつまらないので出来るだけ下道を走ることにした。BMW R65 14万km達成 トンネルの中新潟県→群馬県県境 三国トンネルR17で三国峠を越えるルートもいい。R290からR291を走り継いで石打からR17に出て三国峠を越えた。越えた直後にBMW R65のメーターが40000になった。R65も14万kmを走ったことになる。京ヶ瀬を過ぎた当たりから車が邪魔になって来たので月夜野ICから関越道に入った。流石に暑くなって来たが午前中だったので熱風迄にはなっていなかったので助かった。渋滞も無く全くスムーズに走れた。行きの東北道でガソリンを入れが回転を上げ過ぎたのか燃費が悪かった。ガソリン代も上がっているので帰りの関越道は回転を抑えて走った。それでもぎりぎり午前中に帰宅することが出来たし、燃費も少し良くなったので正解だった。
 往路466kmで燃費19.6km/l、復路316kmで燃費20.3km/lでした。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/08/16(金) 11:10:45|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別冊MOTORCYCLIST No.413にBMW R65が載りました 2013/8/12

 今日8月12日に別冊MOTORCYCLIST No.413が発売された。その38〜41ページに我がBMW R65の美しい姿が載っているので是非見てください。
別冊MOTORCYCLIST No.413 表紙別冊MOTORCYCLIST No.413 39ページ別冊MOTORCYCLIST No.413 40ページ別冊MOTORCYCLIST No.413 41ページ

 こうやって改めて見るとやっぱり美しい姿をしてるではないか惚れ直した(自己満足の世界です)。旧車の良さと言うかエンジン(特徴はシリンダー)、キャブレター、フレーム、タンク、サスペンション、タイヤ・・・それぞれが存在を主張しながら機能が見事にまとめられてR65と言うバイク を造り出している。これが機能美と言うのではないか。Simple is best そして軽快感が良い。
 買ったのは33年前になる。気に入った物を長く使う気質というか、まあ現実は先立つ物が無いので買い換えが出来ないので十分吟味して気に入った物を買うと言うだけのことなのだが。当時はBMWといえばR100RSだった。日本人はどうもシリーズ物と言うと一番高い物が良いもと思っている様に思う。自分も長くのれるBMWが欲しいと思っていたのだがR100RSはちょっと自分にはでかすぎるし、価格も高くて買う迄にはいたらなった。そんなときR65が登場した。作りもしっかりしていてR100の廉価版では無い、軽快そうなスタイルでこれなら自分でも扱えそうなので思い切って買った。当時バイクは自分の体重の3倍くらいまでとかバイクの本などに書いてあったと思う。当時の自分は50数キロしかなくR65でも重いくらいだったが当時乗っていたのがちょうど同じくらいの重量のYAMAHA TX650だったので良しとした。

 自分はどうもゴテゴテした物は好きになれないし、余計な物は要らない。性能も同じだ。扱いきれないパワーがあっても仕方ないし、使わない機能は無駄だ。体重も増えると重くなって動きが悪くなるのと同じだ。軽いことに越したことはない。そう言う意味でR65に続くBuell M2もDucati Monstar も同じ基準で選んでいる様だ。それぞれが違う個性を楽しませてくれた。エンジンもパラレルツイン、フラットツイン、Vツイン、Lツインとエンジンそれ自体の機能美を魅せてくれた。バイク全体の機能美もあるがやはり中心はエンジンの様に思う。エンジンがあってバイク全体の機能美が生まれている様に思う。

 先日、カメラを買った。バイクで持ち出せる一眼レフがでたからだ。小さくて軽く、基本機能は充分揃っている様だ。カメラ選びもバイクと同じだ。一眼レフとしては初級用らしいが自分の用途として機能に不足はない。欲しい機能もあるがバイクで持ち出せないならあっても仕方ないのでこれで良しとした。カメラもピンからキリまで幅が広い。趣味と言ってそれほど写真を撮らない様な人がプロが使う様なカメラを買って何をするのだろうか。年間千キロも走らない人がR100RSを買う様なものだ。多分趣味と言うのではなく単なる物欲・所有欲なのだろう。でも景気を良くするには必要な人達なのです。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/08/12(月) 15:13:36|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買っちゃった、X7 2013/8/11

 4月末、テレビの子供達のサッカーのCMから気になっていた。勿論子供達の華麗なテクニックにも驚いたのだが気になったのはCanon Eos KissX7だ。軽量コンパクトの一眼レフカメラだ。バイクに乗る時はいつもカメラを携えている。趣味はバイクで決してカメラが趣味では無いのだがバイクで走ながらハッとする様な景色があるとバイクを止めてシャッターを押す様にしている。一眼レフは重くて大き過ぎてバイクで持ち歩くには向いていない。昔々、ミノルタの一眼レフを使っていた。子供の成長を撮る為に買ってレンズも数本揃えたのだが子供も大きくなって役割を終えたころフィルムの巻き取り機能が故障して部品が無いと言うことでお役御免となった。時代はデジタルに移っていたのでミノルタの一眼レフとレンズを売っぱらってコンデジを買った。バイクで持ち歩くことを前提にして画質が良いと言うことで最初はCanonのPowerShot G3を購入した。5年使ったがデジタルの進歩は目覚ましく全てが古くなってしまったので同じPowerShotシリーズのS5ISを買った。電源を入れてからの立ち上がりが早く(G3が遅過ぎた)光学ズームが12倍で、それに電池が単三乾電池を使えるということが魅力的だった。専用バッテーリーは何かと不便だ。2007年に買ったので6年目になるが現役で不便はないがきれいな風景はきれいに撮れることに越したことはないし、時々レンズを変えて撮りたくもなるのでバイクでも持って行ける一眼カメラを気に留めていた。
 今迄に気のなったのはミラーレス一眼、出たときはこれだと思っていたがレンズ交換は出来るが撮像素子の大きさがコンデジと変わらなかったり、オートフォーカスが遅かったりで今一買う迄の魅力が無かった。そこに登場したのがX7だ、サイズをみると今使っているPowerShot S5IS とほぼ変わらない感じだ。カメラを知っている訳でないのでネットで評価を追って来たがなかなか評判も良さそうなので一月前くらいに実機を見に行ってその感を深めた。上 左PowerShot S5IS:右EossKiss X7正面 左PowerShot S5IS:右EossKiss X7兎に角小さくてそして軽い、十分にバイクで持ち出せそうだ。オートフォーカスも早く、何と言ってもシャッターの感覚が良かった。液晶モニターがバリアングルでなかったり、専用バッテリーで単三乾電池が使えなかったりの不便はありそうだがこの軽さはすごい。問題は価格だ、一眼レフなのでレンスも揃えたい。後から揃えていけば良いのだろうがレンズは高いので我が小遣いでは早々買えるものではない。今はダブルズームキットという良いセットがある。しかしながら7月初めでヨドバシ、ビックカメラで106,800円とちょっと高い。お店の人と話していたら8月になればもう少し安くなるのではと言っていたのでまた様子を見ることにした。心の中では10万円を切ったら買おうと思っていた。8月入って直ぐ価格を調べたら変わっていなかったので少しガッカリしたが8/6火曜日に見たら何と89,200円、なんと10万円どころか9万円を切ってきた。ダブルズームキット+パンケーキレンズ即翌日会社の帰りにビックカメラに寄って買って来たのだが売り場の価格は少し安くはなったものの10万円台でネット価格とは違っていた。店員に交渉するとネット価格を調べに奥に入って行った。確認して戻って来て間違いないが上司と相談してみるということで再度別の階に消えていった。暫くして笑顔で戻って来たのでホッとした。ホッとした勢いというか9万円を切ってきたので予定外のパンケーキレンズまで買ってしまった。レンズフィルターやメモリーカード、液晶保護フィルムはポイントで間に合った。
 暫くはマニュアルを見たりいじくり回してX7で遊べそうだ。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2013/08/11(日) 09:55:54|
  2. Camera
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の散歩ルート 2013/8/4

 夏は暑いのでバイクを控えているが3週間空くとちょっと走りたくなる。近くで走った気分になれるルートを検討した。気持ち良く走るにはまず信号の無いこと。夏気持ち良く走るには高地に行けば良い。高速道を使えば涼しいルートもあるが結局帰路が熱砂地獄の高速道になってしまうので出かける気にならない。それに高速代もかかるし、ガソリンも高くなっているので遠出は控えたい。自宅を出発地として昼前に帰るとするとやはり奥多摩方面か秩父方面になってしまう。パソコンでルート検索したら柳沢峠まで107km往復で214km昼前に帰ってくるにはこの辺迄か。
 今日7時前に家を出発して走って来た。日曜日なので朝の交通量は少なく順調に走れる。飯能から青梅街道に出て奥多摩湖でトイレ休憩、トイレ前の駐車場にいつも旧車が並んでいる。毎週朝早くから来ているのだろうか。奥多摩湖駐車場出るときにMVアグスタがやって来た。結構絵になる。そのまま柳沢峠迄走った。今日は陽が出ず暑くなること無く走れた。ちょうど107kmでルート検索通りだった。今日の柳沢峠、富士山は雲の中柳沢峠から富士山方面は雲のみ、全く見えない。直ぐUターンをして帰りは奥多摩周遊道路で五日市経由で帰宅した。周遊道路では警察車両4台とすれ違った。周遊道路は良くねずみ取りをしているので注意だ。五日市に下りると太陽は隠れていたがそれなりに暑くなってきた。帰宅して即素麺を茹でて冷たくして頂いた。夏は素麺だな。

3G'sシールを貼る 素麺を食べて落ち着いてからドカ・モンスター1100EVOをサッと水拭きしてあげた。先日のバイククラブ3G'sの夏のミーティングで貰った「3G's」のカッティングシートを思い出したので貼ることにした。シールはカーボン調で黒いので黒のモンスターに貼っても見えない。中央にシルバーの帯があるのでタンクに貼った。今ブログを書きながら写真を見ているのだがこの位置だとタンクバックを付けると見えなくなるかも・・・まずったか。
 
  1. 2013/08/04(日) 21:57:23|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0