キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

サマーツーリング 2014/8/31

 バイククラブ3G's恒例の8月最終週末のサマーツーリングに行って来た。一週間前の天気予報では土曜が曇、日曜日が曇・晴れマークだったと思うそれが前日の金曜日には土日とも曇・雨マークになってしまった。これは雨天走行会になると覚悟した。朝起きると雨の音、観念して雨の中出発して集合場所の蓮田SAに向った、が着く頃にはそんなに気にならない程度になっていた。途中那須高原でガス給油するとき青空が出ていた。白河ICで東北道を下りて駆け回って喜多方からR113に抜けて新潟は関川の高瀬温泉に向った。当初の予定では飯豊トンネルを抜ける予定だったが1年前の雨で手前の林道が不通になり、まだ復旧してないとのことで断念。今回は最初は桧原湖からスカイバレーを越えて山形に向ったが何と崖崩れで通行止めだった。おまけに雨が降り出して再びカッパを着るはめに。Uターンして喜多方から大峠トンネルを抜けてR113に出て途中雨に降られたが無事宿に着いた。新潟は晴れで関川はちょうどお祭りで夜には花火大会があって久しぶりに花火見物をすることが出来た。
高坂SAで食べたデザート 今日も朝から良い天気、お祭りで日本一の大蛇が町を練り歩くと言うことだったが出発の時間もあるので練り歩く前の大蛇をバイクからチョロ見してからR290で新潟を北から南に走り抜けて小出ICで関越に乗って戻って来た。今日は雨も降らず朝から快適に走れた。高坂SAで甘い物を頂いて解散となった。
 詳しくはまた3G'sのHPにアップするとして帰宅してまだ日暮れ迄時間があったので雨で汚れたモンスターを洗車してチェーンに給油してツーリングはおしまい。今回サマーツーリングの走行距離846km、燃費21.0km/lでした。

モンスター1100EVO 関川 丸山大橋にてモンスター用に購入したシートバック、いい感じで使えました。スタイル的にも結構決まっていると思うのですが(こういうことは自己満足でいいんです)。

関川の丸山大橋にて


スポンサーサイト

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/08/31(日) 23:22:36|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新潟 大吟醸 飲みくら 2014/8/24

 今週は先週田舎のでの大吟醸の飲みくらべのブログをアップしたが回を重ねたので今まで飲みくらべした大吟醸を見れる様にまとめたページ「新潟 大吟醸 飲みくらべ」を作ってみた。(ブログのリンクにも追加したのでいつでも見れる)飲みくらべもこれからも続くと思うので間違って同じ物を買わない様にするためにも使える。ダブっている銘柄がある。越乃寒梅、洗心、〆張鶴だ。八海山もあるか。これはら間違いなく美味いので保険とし無くてはならない。飲みくらべの大吟醸が好みに合わないこともあるのでこれらの定番があると安心して飲めるのだ。でも定番でもたまにおかしくなることがあった。〆張鶴の金ラベルに洗心もあった。酒米の出来、水の状態、発酵状況・・・越後杜氏が頑張ってもいつも同じ様に仕上がるとは限らないと言うことだろう。まあなんだかんだ言っているが飲みくらべも美味い肴で美味い酒を飲みたい口実なのだが。

百日紅(サルスベリと読む) 今日はそんなに暑くなかったのでモンスターを動かした。午前中に正丸トンネルを抜けて名栗を回って来た。この時期は樹木の花が少ないバイクに乗っていて目にするのが合歓の木とサルズベルくらいだ。今日成木辺りにもサルスベルの花が咲いていた。

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/08/24(日) 18:16:56|
  2. Motorcycie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大吟醸の飲みくらべ(No.15) 2014/8/17

 帰省の楽しみの大吟醸の飲みくらべ、回を重ねて調べたら15回目になる。ブログのタイトルを考えるのも面倒になって来たしこれからも続くので素直に回数を表記することにした。
 今年の夏も定番の”越乃寒梅”と”洗心”に飲みくらべ参戦の”白雁”、”柏露”、”金鶴”と特別参戦の”八海山金剛心”の6酒が揃った。新潟の大吟醸が全て美味いとは限らない。表現が悪かったが不味いと言うことでなく好みに合うかどうかと言うこと。そんなとき定番があると安心出来るのです。飲み比べるとよくわかるのですが大吟醸でも蔵元で全く違うし、飲みくらべを続けて分かったのですが同じ銘柄でも毎回同じ味になるとは限らないのです。自分の好みは淡麗辛口です。米のデンプンが糖化されるので日本酒は甘いものですがその甘さを口に含んだときにスッとした甘さに抑えて、酒のキリッとした辛さがあり、後味はスッキリして残らない、と言うのがいいですね。”越乃寒梅”が正にそんな感じの優等生、後は風味で分かれるのですが自分は”洗心”が好みです。(でも去年の洗心はハズレでした)

この夏の飲みくらべの大吟醸
2014夏 大吟醸2014夏 化粧箱

左から
純米大吟醸原酒
 越乃白雁
長岡市(三島町)
 中川酒造
原料米 新潟県産超淡麗
精米歩合 45%
大吟醸生原酒
 越乃柏露
長岡市
 柏露酒造
原料米 新潟県産超淡麗
精米歩合 40%
大吟醸
 金鶴
佐渡市
 加藤酒造店
原料米 佐渡産超淡麗
精米歩合 40%
純米大吟醸
 八海山金剛心
魚沼市
 八海醸造
原料米 兵庫県産山田錦&新潟県産五百万石
精米歩合 40% 氷点下で2年間貯蔵熟成
大吟醸
 超特撰越乃寒梅
新潟市(亀田)
 石本酒造
原料米 兵庫県産山田錦
精米歩合 30% 室温1℃ので約2年間熟成
純米大吟醸
 洗心
長岡市
 朝日酒造
原料米 新潟県産たかね錦
精米歩合 28%

 今回参戦の3酒はどれもそこそこ美味かった。偶然の一致かどれも原料米が”超淡麗”であることにも影響あり?確かにどれも同じ様な味わいで悪くない。白雁と柏露は生酒のためか後味に少しジュヮとした感じがあった。まだ活きているのだろう。佐渡の金鶴は以前佐渡編をやった時に忘れたものだが佐渡ではこれが一番だろう。フルーティーな味わいは〆張鶴に負けていない。
八海山金剛心 特別参戦の八海山金剛心、800mlで1万円也、なかなか手は出ない。そうなんです、職場の皆さんから記念に頂いきました。このブログの御陰か、大吟醸好きが知れたのが良かった!興味はその金額に見合うものか?結論から言うといい酒でした。分けて飲んだのですが1日目は最初にこの金剛心を頂きました冷えた状態です。最初に自分は淡麗辛口が好きであると言いましたが正にそのイメージで口に含むとほのかな米の甘み、次にキリッとした酒の辛さ(酒だ!って感じ)、後味は何も残らないスッキリした清涼感、酒の肴が美味く頂けます。後に飲んだ越乃寒梅、洗心が何故か水っぽく感じた。2日目は最初に飲むと越乃寒梅、洗心の味が分からなくなると行けないので後で飲んだ。冷やして置いたのが常温になったためかグラスを近づけるとフルーティーな香りがいっぱいに広がって来る。淡麗から芳醇に変身か、なかなか味わいのある大吟醸だ。もちろん越乃寒梅、洗心も美味しく頂けました。金剛心も定番にしたいのですがハッキリ言ってこれが最初で最後でしょう。
こんな美味い酒を頂けて職場の皆さんに感謝!感謝!です

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/08/17(日) 16:19:26|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平日ツーリング3 2014/8/16

 平日と言っても13日(水)にお盆の帰省でBMW R65で新潟の田舎に帰った。荷物があるときはBMWのパニアケースが威力を発揮する。前回のブログでモンスターのシートバックを載せたがメーカー記載積載重量は5kgになっていた。がBMWのパニアケースは片側で10kgを積めるので左右で20kg積める。これは凄い、それにデザイン的にはパニアケースありきで設計されているかの様でそれなりに格好良いのです。
 予定では12日に出発して一泊して帰るつもりだったが天気予定がコロコロ変わって12日は止めて13日の直行になった。でも13日も関東は曇で東北迄行かないと晴れてない様なのでそのまま東北道を北上した。天気予報通り低い雲が白河まで続いていた。暗くて景色も見えない、気温も21℃でメッシュジャケットでは寒くなってきたのでインナーを着ようか思っていたら白河を過ぎたれ青空が広がった。気温は29℃快適に走れた。郡山Jctで磐越道に入り新潟に向う。
 途中会津坂下ICで高速道を下りた。12日は雨だったのでテレビを見ていたら越谷の蕎麦屋さんが照会されていた。お店の名前は”いしいのそば”でそばは塩そばだ。直ぐに思い出したの”宮古のそば”だ。以前に一回行ったことがあるお店だ。かなり昔なのでまた行ってみることにした。今は喜多方市になっているが以前行った時は山都町でガードレールもない川沿いの細い道を行って対向車が来たらどうしようかと怖かった記憶があるが今はトンネルが出来て怖い思いをしなくて済む。
宮古そばの店 いしいのそば
いしいのそば
そのトンネルを抜けて宮古集落の最初の家が”いしいのそば”なのでした。お店と言っても民家です。昨日テレビでみた越谷のいしいのそばのご主人がいました。宮古のいしいのそばの息子さんとのことでした。宮古の集落は30軒くらいでその半分近くが蕎麦屋さんなのです。それ自体面白いですね。蕎麦も十割蕎麦なのですが湯練りしているので蕎麦自体も普段食べているものと少し違う様な感じがしました。ツルツルしている感じはへぎそばに似ているかもしれない。いしいのそばでの食べ方は一杯目が水そば、二杯目が塩そば、三杯目が生醤油をかけて頂いた。その都度食べ方を案内してくれるのですが要は昔の食べ方だそうですが一回くらいは良いですが自分はそばつゆで頂く方が美味く感じました。

そばが来る迄山の幸を頂きますまずはポットにタップリの湧き水とグラスが出て、そばが出来る迄山の物を頂きます。みな美味しいですがコンニャクが気に入りました。

水そば、湧き水で頂きます一杯目のそばは水蕎麦、湧き水だけで頂きます。チュルチュルした食感、味は湧き水の味?

そば粉の山菜天ぷら ヤマブドウによもぎなど続いてはボリュームたっぷりの山菜天ぷら、ヤマブドウ、よもぎなど、これだけでお腹いっぱい

塩そば二杯目は塩そば、備付けの塩(岩塩?)で頂きます。水そばよりは蕎麦の味を楽しめるがお腹にきています。このあとに三杯目が、生醤油をかけて頂くがお腹が一杯で味わうどころではなかったが意地で完食した。

おまけのデザート そばゼリー”おまけ”ですと出されたのがそばゼリー、お腹が一杯でしたが軽くてスッと入ります。なかなかの美味でした。
 後は青空のまま田舎に着けた。走行距離398km、燃費19.6km/lでした。

 今日田舎から帰って来たが天気予報で晴れマークがあったのは東京くらいだったので回るのは止めて北陸道ー関越道で真っ直ぐ帰って来た。昼過ぎに着くくらいに田舎を出た。アクセルアシストを付けた高速道は車は多かったが途中追突事故の渋滞が2つくらいあったが長い渋滞はなく雨の中無事帰ってこれた。今回の帰省ツーリングで効果を発揮してくれたのがアクセルグリップに付けたスロットルアシストだ。高速道路での巡航走行でグリップを握るのではなく手首を固定する感覚で走れるので握力をかける必要がなく手首が痛くならなくてすんだ。
 予定より遅れて1時半に帰宅、走行距離307km、燃費20.7km/lでした。

 

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/08/16(土) 21:04:17|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンスター用にシートバックを購入 2014/8/9

 バイクで泊まりのツーリングに行く時は荷物を積まなくてはならない。今時はハードのトップケースが主流のようだがベースのリアキャリアを付けなければならないのでスタイル的に今一なので付けていない。便利なことは言う迄もないが所詮遊びのバイク、格好も重要なのだ。キャリアの取り外しが簡単にできればいいのだがそうは行かない。軽快を売りのモンスターにはちょっとね。泊まりのツーリングはそんなに多く有る訳ではないし一年中付けていたくはない。必要なときに荷物を詰めればいいのだ。と言うことでいままではCOURSEの防水バックに木箱を組み込んでリアシートにゴムのコードで縛り付けていた。バックの中の箱COURSE防水バック完全防水なので雨でも全く問題無くこころ強いのだがのだがコードで縛り付けるので簡単に出し得れができない。一番問題なのリアシートが狭いのでバック自体が小さく多く積めないのだ。固定しやすい様に木箱を組み込んでいるのだが容量を計算したら17Lしかなかった。それと重い、測ったら4kgくらいあった。
 脱着可能なバックと言うとサイドバック、シートバックがあるがサイドバックはバックが2つと言うことで面倒臭い気がするしぶら下げているので積載重量が嵩むと脱落が気になる。シートバックも色々あるが皆同じ様な材質作り形も同じで容量が少ないければスマートなものがあるがちょっと大きめになると本当に同じ様に見えてベルトとかごちゃごちゃしていてモンスターには合いそうにない(格好は大切です)。スッキリしてモンスターにあいそうなシートバックはないかと気に留めていたら2りんかんで良さそうなシートバックを見つけた。バックをバイクに固定するベースが調整出来るのだがその最小サイズがリアシートに何とか取付けられそうなのだ。翌日付けられるか確認する為にモンスターで出かけたのだがお目当てのバックは売れてなくなっていた。数日したら入荷する筈ということで出直しするこになった。今週行ったら入荷していたのでモンスターで行って取付け可能か確認して購入して来た。

シート固定ベース ぎりぎり付いたリアシートに固定ベースを付けた状態。
一番短いベルト間隔で何とか取付けることが出来た。

装着した状態バックを付けるとこんな感じです。まあまあですね。
バックの取付けは前後の2つずつの計4つのバックルで留めるだけ。
ベースの固定ベルトの間隔が狭いのでぐらつきが気になる。

鍵は後付けですリアビュー
錠前は後付け、見ていると開けたくなるファスナーのスライダーだったので用心のため付けた。

別ベルトを作ってぐらつきを補強したぐらつきが気になったので別ベルトを作って固定強化、
バイクとの接続はベースのベルト2本と追加のベルトで計3本、
でこれで大丈夫だろう。

持ち歩くときはこの様に置けますバイクから外して持ち運ぶときはこの様に置けます。
因みに"4R"とはバイク部品用品の開発メーカー”KIJIMA”のバックのブランド名らしい

持ち歩くときの底には足が付いている置く時の底には足が付いているので直接接地するこなく置けます。

容量は32L、重量は約2kg、材質はPVCレザーで防水加工されてないのでレインカバーが付いてます。価格は税抜き17000円でした。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/08/09(土) 15:31:32|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平日ツーリング2 2014/8/9

 今週後半は天候が悪いとの予報だったので今週も平日火曜日に走って来た。あまりに暑いので吸収速乾性のアンダーシャツを買ったので効果の確認もしたかった。ストレッチタイプなので体にピッタリフィットする。確かに効果はあり汗をかいている筈だがべと付き感はなかった。これは良いかもしれない。
 平日高速割引はないので一般道を使って富士山を回って来た。秩父から雁坂トンネルを通って山梨市に出て、先週と同様に芦川に出たがここから変えて若彦トンネルを抜けて河口湖に出た。富士山は見えたが雲が多くかかっていた。ここから富士山の周回ルート、西湖を回って県道71号で富士山の西側を下り富士山スカイラインで東に向う。富士山スカイラインは一雨降って後の様で路面が濡れていた。モンスターも跳ね上げで汚れてしまった。帰ってから洗って上げなければ・・・。水ヶ塚PAでトイレ休憩、流石平日休憩客は少なかったが登山客の駐車場(有料)はかなり混んでいた。水ヶ塚から上は雲で覆われ富士山は全く見えず、でも東の空は青空が広がっているのでした。
河口湖から、まだ富士山は見えた西湖から、正面に富士山があるのだが水ヶ塚、雲で覆われ全く見えず
山梨側から見えた富士山も静岡側からは雲の中
富士山スカイラインの後はいつもなら三国峠を越えて山中湖にでるのだが先週2回も走ったので久しぶりに篭坂峠を越えて山中湖に出た。
本ワサビが主役の蕎麦店の裏にはワサビ棚
主役はワサビのようだった

途中で昼時になったので須走の蕎麦屋に入ったのだが蕎麦屋には違いはなかったが本業はわさび園の様で蕎麦は会社の食堂でも食べられそうの蕎麦で太くてもさもさした食感だった。最低「手打ち」の文字は確認すべきだった。山中湖からは先週走らなかった道志みちを走って相模湖に出た。高速を使わないことにしたので上野原から檜原に抜けて青梅からは新青梅街道を避けて所沢経由で帰宅したが所沢からの10kmが地獄、平日の午後東京方面がこんなに混むとは・・・、家に帰ってからアンダーシャツを脱ごうとしたがべと付きは感じていいなかったがTシャツ共々汗でぐっしょり濡れていた。
 一般道だけで400km走った。燃費は18.6km/lと良くなかった。市外は快適だが市内は渋滞気味で燃費が悪く成ったのだろう。高速を使わなくとも富士山一周くらいは日帰りエリアだね。でも高速代は使わなかったが雁坂トンネルで580円(消費税で20円値上がりしていた)かかってしまった。柳沢峠経由なら0円だったな。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/08/09(土) 08:10:22|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お勧めルートは平日がいい  2014/8/3

 少し長めの夏休みを貰ったが、こう暑いと何かきっかけが無いと一人ではなかなか出かける気にならない。幸い平日休みの友人がいて平日に走って来た。街中はやはり出勤や働く車で混んでいたが街から離れるに従って少なくなって山に入ると貸し切り道路状態で気持ちよく走れた。山に入れば暑さも予想した程ではなく快適に走れた。
 奥多摩方面に向い五日市から上野原経由で小菅に抜けてそのまま丹波山に出て青梅街道R411で柳沢峠を越えた。我が道を行く状態だがそれでも柳沢峠には3−4名が見晴し台にいた。残念ながら富士山は見えず。
和菜屋 宴

和菜屋 宴 
塩山に下りて山梨市の友人お勧めのお店に向った。お店は地元の隠れが的なお店で開店時には行列が出来るというので開店時刻を気にしながら走った。何とか間に合ったがそれでも10名近く並んでいた。後からも続いてくる。基本的なランチが2種類あって内1種が15食限定なのでそれが目当てか。
15食限定の遊遊ランチ 1700円デザートとコーヒーが付いてます。
限定15食の遊遊ランチ
限定ランチに間に合ったのでそれを頂くことにした。待っている間にとなりに座った常連客に聞いて分かったのだがお店は明日から2ヶ月間のお休みに入るということだった。1日違っていたらダメだったということ。普段の行いが良いのだろう。いつもは蕎麦を頂くのだがたまにはこういうのも良い物だ。地元の方が並ぶくらいだから味も良いのだが見た目が彩りも良く食べる前から美味しく感じた。見た目も大事なのだ。バイクも同じだよね、格好が良くなくっちゃ。
 美味しい昼ご飯を頂いた後は少し街中を走ってから芦川を経由して精進ブルーラインR358に抜けて精進湖に出た。ここも貸し切り状態だ。R139から山中湖方面に向う。焼トウモロコシ途中友人の知っている地元の物産を売っているお店に寄った。トウモロコシの収穫がピークらしい。生で食べられるということで食べさせてもらったが凄くジューシーで甘くトウモロコシの味が味わえてトウモロコシ好きにはたまらない。お店の方は火をいれた方が美味しいと言うので焼いてもらって食べたが自分は生の方が美味かった。
 伊豆に向うのだがR138は平日だというのにいつもの渋滞だ。忍野に回避して山中湖に抜けて三国峠を越えたまた貸し切り道路だ。R138に戻って暫く車の流れに従って走る。ここは回避するルートが無い。箱根スカイラインの入り口に着いたので逃げ込む。料金所を越えてまた快走、富士山はここでも見えず。そのまま芦ノ湖スカイラインを駆け抜けて椿ラインに入る。椿ラインに入って湯河原に抜ける迄にすれ会ったの対向車線のバイク1台だけ、コーナーリングを堪能した。
ぶっかけ蕎麦 ぶっかけ前ぶっかけ蕎麦 ぶっかけ後
天祥庵のぶっかけ
 帰りも椿ラインを上がった。今度も会ったのはすれ違ったバイク2台だけだった。椿ラインはほとんど直線は無くこれでもかとコーナーを楽しめる道だった。芦ノ湖湖畔を抜けて乙女峠を越えてまた三国峠を攻めて忍野の峠の茶屋「天祥庵」で蕎麦をいただいた。沢山の具をぶっかけて頂くぶっかけ蕎麦を頂いたのだが失敗だった。蕎麦の味が分からない。やはりせいろ系にしておくべきだった。

 平日にバイクで走る機会はなかなか無いがお勧めのルートは平日が一段と楽しいというのが分かった。2日間で500kmしか走らなかったが充分バイクを楽しめた。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/08/03(日) 18:19:32|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0