キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

紅葉狩りツーリング3 照葉峡 2014/10/26

 ここのところ晴れの休日が続いている。紅葉の季節なので家にいるのはもったいない。昨日の新聞に日光の紅葉の写真が掲載されており見頃の紅葉地図に榛名山と照葉峡があった。日光、榛名山は混雑が目に見えているので照葉峡に行って見ることにした。
片品の落葉松の紅葉片品の紅葉照葉峡 滝をバックに照葉峡
片品の紅葉、今が見頃照葉峡 下流の方はまだ見頃
照葉峡 水上に向か途中
照葉峡から水上に向う途中
 沼田ICからR120は日光への車が多そうなので少しでも回避する為、前々回走った伊勢崎ICから大間々に抜けてR122で赤城山の横を抜けて薗原湖からR120にでた。案の定、車が多いがながれているので流れに乗って走る。片品村の里山が奇麗に紅葉してる。今年3回目の紅葉狩りツーリングだが、やっと紅葉のなかを走っている気分になれた。R401に入り照葉峡を目指す。R401に入ると回りは紅葉真っ盛り気分良く紅葉の中を走る。R401に入ると車は少ない。バイクで照葉峡に行くには片品から行くのが良い。照葉峡に行く車は大概水上から来る。片品から行くとスムーズに行ける。対向車が少しは来るが渋滞よりいい。R401から県道63に入る暫くして上り始めると紅葉は見頃を過ぎてしまっていた。峠を越えて照葉峡に入ったが上の方は紅葉は終わっていた。そのまま下ると段々色彩が出て来た。と同時に車も多くなって来た。写真を撮って水上に向う。時刻はちょうど昼時、この県道63沿いに水上のそば処で人気の「角弥」があるので目指す。
 角弥は12時前なのに既にいっぱいで外で順番待ちをしている。一人の時は待つのは嫌なので次を探す。水上 やぶそばナビに以前行ったことがある「やぶそば」が登録したあったので向った。水上駅のSLを見つつ街中の路地を走って何とか辿り着いた。店内撮影禁止なので写真は無い。お勧めの山菜天ぷらそばを頂いた。そばは美味かったが短く切れていたのが残念、二八らしいのでちゃんと繋げられる筈だ。量はたっぷり普通の大盛りくらいありそうだ。
 お腹を満たして帰路に着く。時間も早かったので沼田まで一般道を走ろうとしが追い越し禁止で前にバスがずっと走っていたので月夜野ICから高速で帰って来た。本日の走行距離383km、燃費21.5km/Lでした。
 
スポンサーサイト

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/10/26(日) 22:30:39|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅葉狩りツーリング2 野反湖 2014/10/19

野反湖

 今日はバイククラブ3G'sの月一ツーリングで四万湖、野反湖に行って来た。どちらも行き止まりなので行ったことが無かった。行きは先週も行った榛名山を経由した。先週より紅葉はしていたがまだ見頃迄にはなって無かった。四万湖、野反湖とも山の上の方は紅葉していたが湖畔はまだ、来週ぐらいが見頃かもしれない。四万湖、野反湖とも水の色が深く奇麗だった、湖畔が紅葉していれば・・・ちょっと残念!

四万温泉中島屋さん せいろ三段重ね 四万温泉で昼食、3G'sではそばを頂くことが多い。当初は小松屋の予定だったが開店が11:30で11時前についてしまったので11時開店のお隣の中島屋に変更。小松屋さんのそばは頂けなかったが中島屋さんのそばが自分好みで美味かった。

 詳細は後日のアップの3G'sのフォト・アルバムで。本日の走行距離424km、燃費19.9km/Lでした。
 
  1. 2014/10/19(日) 23:18:32|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iPhoneとトランシーバーの音声を同時に聞く 2014/10/18

 一人でバイクに乗るときiPhoneでNAVIを使いながらBGMを聞いている。ヘルメットヘッドホンとはBluetoothで繋いでいる。NAVIの音声も聞こえる。しかし仲間と乗る時はトランシーバー(+KTEL)を使うのでヘッドホンはKTELに繫ぐ、従ってiPhoneの音声は聞くことが出来ない。これをなんとか双方聞くことができる様にしたい。
 ネットで調べたて最初に見つかったのが3.5mmステレオ(メス) - 3.5mmステレオ(オス)x2個の分配ケーブルで中国製でメーカーはCOMON(カモン)というところで価格は265円だ。ケーブルだけのものでステレオで2分配するためのものの様だ。逆にすれば2つの音源を1つのヘッドホンで聞くことが出来る様に思えるがこれができればミキサーなるものは不要となる。常に一方方向に流れれな問題何であろうが回路的に単なるY字型なのでこれは回路的には不整合で機器を壊しそうだ。
 次に見つかったのがバード電子のiPod DJ Mixer DJ-2.20、おそらく抵抗器を組みこんだ簡易型ミキサーなのだろう、価格は4200円とあった。ちょっと高いと思いながら楽天、アマゾンで探してみたが無い。よくよく調べたら既に生産中止になっていた。残念!

ビクター変換コードCN-139A 更に次を探したら使えそうなものがあった。ビクターの変換コードCN-139A、使い方としてはステレオマイクでステレオラジカセに録音するコードらしい。ポイントは2つのオスがモノラルであること。つまり回線は分離していてY字型にはなっていないということだ。これなら安心して使うことができる。但し、2つの音源をモノラルで繋いで1つのヘッドホンで聞くと言うことは右と左のスピーカーから別々に聞くことになるということだ。まあ仕方ないか。早速楽天市場で1300円+税104円(送料込)で購入、先日到着した。

ヘルメットに装着
ヘルメットに装着
赤はトランシーバーに繋いだKTELに接続、
白はiPhoneのBluetoothレシーバーに接続、
それをヘルメットの内装のスピーカーに接続した。

SENAのインターコムを使えばトランシーバーもBluetooth化してもっとスマートで格好よくなるのだろうが揃えるとン万円になってしまう。今あるものにプラス1404円で出来るのだから良しとしよう。(実際につかえるかはこれから試してみないとわからないが)              
  1. 2014/10/18(土) 14:26:45|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅葉狩りツーリング1 赤城山 2014/10/12

赤城山 大沼

 今週の三連休の天気予報は一週間前では曇・雨・雨の予報だったので出かける予定は無かったが金曜日になって土日が晴れマークになっていた。友人の仕事絡みの誘いもあって土曜日に出かけることにした。行き先は取り合えず紅葉が見頃らしい赤城山にした。
 土曜日の朝になって友人の仕事絡みの機器が動かないと言うことでキャンセルの連絡があったが天気の良かったのでそのまま8時過ぎにモンスター1100EVOで出かけた。モンスターも久しぶりだ。赤城山で紅葉の写真でもとって帰りに蕎麦でも食べつことにした。麓の蕎麦屋を何軒かナビに登録してあるがまだ行ったことがない。
 関越道は高坂SAまで渋滞、特にルートも決めていなかったが折角赤城山に行くので北面から上がることにしてR122から県道62で赤城山の裏に出て上がった。R122は三連休の初日で日光にでもいくのか結構車もいたが県道62に入ると車は無くなり一人旅、大沼まで一気に駆け上がった。流石上に上がると観光客で賑わっていた。写真を撮り始めたら友人の仕事絡みの機器が動く様になった(正確には操作方法が分かったらしい)との連絡があり、再度やりたいということで時間も11時で昼には早かったので榛名山で待ち合わせることにした。大沼を一周して榛名山に向った。
赤城山 大沼
赤城山 赤城神社 啄木鳥橋
赤城山 白樺
紅葉は見頃なのだが今ひとつ目を見張るところは無かった

榛名山で友人と合流してお仕事のお手伝いした。お手伝いというのはバイクに乗りながら動画をとるというもの榛名山周辺を走ってきた。上手く撮れているといいのだが・・・、残念ながら榛名山の紅葉は色付き始めでまだ早かったでした。
榛名公園
榛名山 落葉松もまだ色づき前
榛名山 紅葉は色づき始め
榛名山の紅葉はまだ色づき始めでした
今回の走行距離399km、燃費20.4km/Lでした。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/10/12(日) 23:32:52|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「みちこ」に続いて「丹三郎」 2014/10/5

長屋門とR65

 先週の「みちこ」を調べていたときに登場した「丹三郎」が気になったので昨日土曜日に会いに行って来た。正しくは食べに行って来た。奥多摩の人気そば屋No.1とのことだ。今週も先週に引き続き相棒はBMW R65だ。
 先週とは逆に所沢から青梅に出て、秋川街道で五日市へ、檜原街道から甲部トンネルを抜けて上野原に出て県道18号で小菅に出て青梅街道で青梅に戻るルートだ。丹三郎は青梅街道(R411)と平行に多摩川の逆側を通る吉野街道(都道45号)が青梅街道にぶつかる古里の直ぐ手前にあった。大きな看板が出ているので直ぐに分かったがこの吉野街道はあまり通らないので知らなかった。街道から入ると駐車場があって少し入った処に長屋門があり「丹三郎」の看板ある。この長屋門が東京都の選定歴史的建造物に指定されている。門のさらに奥に古民家の食事処がある。暖簾をくぐって玄関に入ると懐かしい匂い、香取線香が焚かれていた。開店11:30を少し回ったくらいだったがすでに4〜5組のお客が入っていた。
江戸中期の長屋門
東京都選定歴史的建造物
食事処
玄関 蚊取り線香が焚かれてます
丹三郎屋敷長屋門店は茅葺き古民家玄関に蚊取り線香
おしながき 他にコース料理もあります なかなかいい雰囲気で庭野見える席に着いた。蕎麦はせいろ、とろろ、天せいろの3種で冷たいもののみ、温かい汁物はない。セットメニュー(1400円〜)、コースメニュー(2500円〜)もあり、蕎麦菓子も色々ある。うどんもあり、うどんは温かいメニューもある様だ。せいろそば(800円)を注文、量を聞いたら150gのこと。量的には少し多めか、大盛りは無く足りない時は半盛り(500円)100gを追加することになるそうだ。お品書きに載ってないメニューもありそのなかに「沢かにのからあげ」があったので珍しいので注文した。田舎で食べたことがあるが何年振りだろう。
 先ずお茶が運ばれてきた。おしぼりは手ぬぐい(木綿)だ、お茶受けにおかか(鰹節の佃煮)が付いていた。外の庭を眺めながら待つ、紅葉で色付いていればもっと良かっただろう。先に「沢かにのからあげ」が出て来た。6匹で600円、ちょっと高いか。美味いとかどうかではなくまあ珍味として頂いた。続いてのせいろそばは自分好みの細切りだ、もうちょっと固くても良いかも。そばの香り風味は「みちこ」に軍配か。他のメニューも頂いてみたい。うどんも美味そうだ。
まずはおしぼりとお通し
席からの庭の眺め
沢かにのからあげ
せいろそば 150gあります
お茶受けにおかか庭もいい感じ沢かにの空揚せいろそば 150g
 お店の名刺の住所は奥多摩町丹三郎とあった。東京都の選定歴史的建造物の説明に小田原北条氏に使えてこの地区を開拓した島原丹三郎友連が自らの名を付けて「丹三郎村」としたとあった。
 そば湯を頂いてお店を出て、青梅街道に戻って青梅方面に走り軍畑から成木に出て小沢峠を越えて飯能経由で帰って来た。走行距離ちょうど200km、燃費19.4km/Lでした。

あまり意識していなかったが奥多摩も蕎麦屋さんが多い。確かに帰り道注意すると青梅街道には蕎麦屋さんが多くあった。以前秩父の蕎麦屋さん巡りをしたが奥多摩方面でも蕎麦屋巡りが楽しめそうだ。

テーマ:♪今日も、バイクで… - ジャンル:車・バイク

  1. 2014/10/05(日) 12:08:18|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1