キャメラのカメラ 別冊

このブログはAdult Motorcycle Owners Club ”3G’s” のホームページにある自分のTouring Photo Album ”キャメラのカメラ” の別冊です。ホームページの”キャメラのカメラ”ものぞいてみてください。

久しぶりの快晴 2017/9/10

 久しぶりに快晴の土日だった。が先週ツーリングに行って来たので今週は大人しく家でツーリングのフォトアルバム作っていた。外は暑すぎるくらいの様だ。と言っても今年がおかしいので毎年今頃は残暑厳しくツーリングで走っていても汗だくだくになっていた。
 ホームペジ作りでは写真の編集に結構時間がかかる。フォトアルバムなので数が多いので仕方ないがトリミングして縦横比率を合わせておかないと埋め込み時の計算が面倒になる。同じ構図でメンバーが違っている時は合成とかして1枚にまとめたり。以前は地図作りもGoogleマップでトレースしていたので大変だったがGPSログデータが使えるので随分楽になった。後はツーレポ、これが面倒だ年を取って記憶力も落ちているので思い出すのが大変だ。事柄は覚えていてもそれがどこだったかとか名称が出てこなかったりとか。最終的にレイアウトしながら写真の配置を決めてからWeb用に写真のサイズを変更して取り込めるようにする。レイアウトも以前はタグ打ちしていたので大変だったがHTML5+スタイルシートで楽にできるようになった。それでも時間がかかることに違いはないが作りながらもう一度ツーリングが楽しめる。今日完成してホームページをアップできた。
  1. 2017/09/10(日) 17:22:00|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残暑?ツーリング 2017/9/3

早朝に出現した雲海
雲海から見た雲海
 昨日今日とバイク仲間とツーリングに行ってきた。詳しいことはまたバイククラブ3G'sのホームページに載せるとして存分に楽しんできた。今回は新潟はまつだい芝峠温泉「雲海」にお世話になった。名前の通り早朝に雲海を見ることができた。もう少し秋が深まって冷え込まないと出ないのかと思ったらちゃんと出現してくれた。一面真っ白にはならなかったが幻想的な雰囲気は味わえた。
 近くの「にほんの里100選」に選ばれた「星峠の棚田」にも行けたし、関田峠からの日本海も見れた。関田峠は過去に何回も行っているのだが生憎の天気だったり、東京から行くといつも午後になってしまうので日が高くなり綺麗な眺めを見たことがなかったが今日は午前中に行けたのが良かった。
星峠の棚田 関田峠からの眺め
「にほんの里100選」に選ばれた星峠の棚田関田峠からの眺め、遠くにぼんやり日本海
 出発時は雨だったが新潟に入ってから今日もずっと晴れ、例年だと今頃は残暑厳しく汗だくだくなのだが今回は肌寒い位で助かった。走りも景色も十分楽しめた。二日間の走行距離は790kmでした。
  1. 2017/09/03(日) 22:04:00|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酒うんちく 2017/8/27

 先週のブログで「新潟 大吟醸飲み比べ(No21)」を載せた。盆、正月の年2回やっているので11年目に入ったことになる。今までの飲み比べた大吟醸ををホームページに「新潟 大吟醸飲み比べ」として表にしてある。表に日本酒度とか酸度の値を調べて記載している。びんのラベルや箱に表示してある場合もあるが日本酒度とか酸度がなんであるか、そもそも大吟醸とは、日本酒とは何か、そんな酒うんちをまとめてみた(と言ってもネットで手に入れた情報ですが)。それをホームページにアップした。「新潟 大吟醸飲み比べ」からもリンクできるようにした。

 久しぶりに新しくスタイルシートを作ってみた。結構忘れていたので復習しながらなんとか完成した。スタイルシートは便利だがワンパターンのツーリング・フォト・アルバムだけだとスタイルシートを作らなくて良いので忘れてしまうのが問題だ。
  1. 2017/08/27(日) 18:24:00|
  2. coffee breake
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新潟 大吟醸飲み比べ(No.21) 2017/8/19

 21回目の大吟醸飲み比べに参加してくれたのは前回から引き続きの中越地区の十日町は魚沼酒造から「天神囃子」、初めての参加となる上越地区からは上越の田中酒造から「杜氏魂」と同じくよしかわ杜氏の里の「よしかわ杜氏」。それと毎度おなじみの外れた時の守り神の「洗心」と「超特選越乃寒梅」です。
左から「越乃寒梅」、「天神囃子」、「杜氏魂」、「よしかわ杜氏」、「洗心」
大吟醸飲み比べNo.21
 魚沼酒造の「天神囃子」は新潟の酒米「越淡麗」100%使用でラベルにもうたっている。淡麗、他の酒と比べると特徴がないというかおとなしい感じ。飲み比べをしなければ十分に美味いのだろう。
  山田酒造の「杜氏魂」はちょっと麹の香りがしたがこれも悪くはない。原料米は山田錦だが山田錦を終了して今後は越淡麗に切り替えて製造していくとあるので少し変わるかもしれませんね。
 よしかわ杜氏の里の「よしかわ杜氏」の原料米も山田錦100%だが兵庫吉川産を使用とあるので力を入れているのだろう。搾り方も“吊るし搾り”をして雑味のない味を追求している様だ。大吟醸が蔵元の最高峰のお酒ということがわかる。口に入れるとフルーティな味わいがあるが後味は少しピリピリッときた。
  今回は外れがなくみんなそれなりに飲めた。外れた時の助け酒の「洗心」もいただいたが別格だね。やっぱり美味い。年三回の限定販売品だが今回(たまに外れることがある)は上出来でした。それに「越乃寒梅」、これは安定した淡麗辛口を保証してくれる。安心して飲める正に「淡麗辛口」だ。

 今回頂いたりお酒の情報と今までの飲み比べしたお酒の情報はこちらから

  1. 2017/08/19(土) 23:13:00|
  2. coffee breake
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰宅ツーリング 2017/8/16

 お盆も終わり新潟の田舎から戻って来た。天気予報で関東はずっと雨なので回るのはやめにした。でも新潟は曇りの予定で雨は大丈夫そう。今朝田舎は風はあったが青空もちらっと見えたりでいつもの通りR290を走り出す。今回はナビの最短ルートを採択してR290を外れてまたR290に戻るコースを選んでみた。ツーリングマップルにもR290のエスケープルートとしてある。道も良く、とにかく車がいなくて信号がないのだから気持ち良く走れた。それと初めて走るルートは気分的にも新鮮で良い。
 初めは小出ICから関越道にのるつもりだったが天気も良く気持ち良く走れていたので塩沢石打ICまで下道で行くことにして走る。稜線を見てもハッキリ見えるし雨雲レーダーでも雨雲は無かったのでそのままR17で三国トンネルを抜けることにした。ところが越後湯沢を過ぎて本格的に登りは始めたら霧が出始めたと思ったらシトシト降っていた。稜線は手前の山で奥までは見えていなかったのだろう。雨雲レーダーと山にある雨雲はと違うものの様だ。山や峠での確認は雨雲レーダーではダメな様だ。
R290のエスケープルートにて 三国トンネルを向けたところ
R290のエスケープルート霞む三国トンネル
 山から降りて月夜野から関越道に上がろうと予定していたのだがナビを見ると月夜野ICまで渋滞の赤い線が見えた。でも月夜野ICからは大丈夫そうなのでインターに入ろうとしたら掲示板に通行止の表示が、月夜野ICを先頭にした渋滞はそのせいでインターから高速道を締め出された車がR17に繋がっていた。ナビでルート検索すると赤城ICから入れる様なのでそのままR17を進むことに。でもR17は高速道から締め出された車で大渋滞。結局赤城ICまで渋滞は続いていてずっと車の脇をすり抜けて進んだ。昼飯どころでは無かった。赤城ICから高速道に、もう渋滞はない。上里SAでトイレ休憩してカッパを脱ぐのも面倒なので昼飯も食べず一気に帰宅した。今回の帰省は楽しくも走れたがカッパが放せなかった。幸いは土砂降りにならなかったことか。
帰宅ツーリングの走行距離は300kmでした。
  1. 2017/08/16(水) 18:25:00|
  2. Touring Photo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ